デルタ航空、米国運輸省によるシアトル-羽田便の正式承認を歓迎

PR TIMES / 2013年2月7日 10時13分

シアトル発は6月1日、羽田発は6月3日に就航予定

デルタ航空は米国時間5日、米国運輸省より東京国際空港(羽田空港)とシアトル・タコマ国際空港を結ぶ新規路線開設の最終承認を得ました。シアトル発羽田行き直行便は今年6月1日運航開始、羽田発シアトル行きは3日午前1時半(2日深夜)の開始予定です。使用機材は内装を一新したボーイング767-300ER型機。ビジネスクラスには完全に水平になるフルフラットベッドシートが25席、足もとが広くリクライニング角度が深いエコノミーコンフォートが29席、エコノミークラス171席、計225席の仕様。エコノミークラスを含む全席に最新のオンデマンド型エンターテインメントシステムが搭載されます。

一部訂正のお知らせ:2月8日にフライトスケジュールを訂正いたしました。訂正箇所は時間のみで、日にち等に変更はありません。 




【東京2013年2月6日】 - デルタ航空(DAL)は本日(米国時間5日)、米国運輸省より東京国際空港(羽田空港)とシアトル・タコマ国際空港(以下、シアトル空港)を結ぶ新規路線開設の最終承認を得ました。シアトル発羽田行き直行便は今年6月1日運航開始、羽田発シアトル行きは3日午前0時(2日深夜)の開始予定です。

デルタ航空最高経営責任者リチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は次のように述べています。「デルタ航空は米国運輸省のご判断に感謝します。また、シアトル港湾局、アラスカ航空など多くの方の支持のおかげで、アメリカ北西部とビジネス顧客の需要が高い東京都心部の空港をダイレクトに結ぶ路線を開設することがができました。」

シアトル-羽田便は、内装を一新したボーイング767-300ER型機にて運航予定です。ビジネスクラスには完全に水平になるフルフラットベッドシートが25席、足もとが広くリクライニング角度が深いエコノミーコンフォートが29席、エコノミークラス171席、計225席の仕様となっています。また、エコノミークラスを含む全席に最新のオンデマンド型エンターテインメントシステムが搭載されます。

運航スケジュール(予定)は以下のとおりです。
出発/到着/運航開始日/使用機材
シアトル発 21:10 /羽田着 翌日23:30 /2013年6月1日 /767-300ER
羽田発 深夜1:30 /シアトル着 前日18:40/ 2013年6月3日/ 767-300ER

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング