ザイリンクスと Xylon 社、大型車両にも対応可能な 6 台のカメラを接続出来るlogiADAK 車載用ドライバー アシスタンス キットを発表

PR TIMES / 2014年2月19日 16時30分

アプリケーション用ソフトウェアやリファレンス デザイン、IP インテグレーション機能を備えたlogiADAK Zynq-7000 All Programmable SoC 車載用ドライバー アシスタンス キット

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDQ : XLNX) と Xylon 社は 2 月 11 日 (米国時間)、logiADAK Zynq(R)-7000 All Programmable SoC 車載用ドライバー アシスタンス キットを発表した。これはザイリンクス、Xylon 社およびエコシステム パートナーである eVS (Embedded Vision Systems) 社と DDC (Digital Design Corporation) 社が共同開発したものである。OEM 自動車メーカーとTier 1 (一次請け) 車載用エレクトロニクス サプライヤー企業がこのキットを利用すれば、最大 6 台のカメラを備えた ADAS (高性能ドライバー アシスタント システム) をすばやく実現することが可能になる。logiADAK 車載用ドライバー アシスタンス キットについて詳しくは、ドイツのニュルンベルクで 2 月 25 日から27 日まで開催される 「Embedded World 2014」でザイリンクスのブース (スタンド 1-205) で展示する。

このキットは内容を強化した車載用ドライバー アシスタンス キットで、箱から出したらすぐに利用できる開発プラットフォームである。ADAS向けアプリケーション用ソフトウェアやリファレンス デザインも提供されるので、テスト車両への実装やデモンストレーションもすぐに可能となる。カスタマイズ可能なリファレンス デザインには、カメラ ベースの ADAS の開発に利用できる評価 IP コアやデザイン フレームワークも含まれるため、顧客が開発済みの既存ソフトウェアや IP (知的財産) なども容易に統合することが可能である。

logiADAK プラットフォームはザイリンクスの Zynq-7000 All Programmable SoC をベースとしているため、AEC-Q100 規格の要件を超える過酷な温度条件や品質要件に対応しつつ、リアルタイム パフォーマンスが可能な機能を実現できる。すべての品質検査をクリアしたザイリンクス Automotive (XA) Zynq-7000 All Programmable SoC 製品は、すでに顧客からの受注を開始している。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング