株式会社ベクトル、 サイバーエージェント子会社マイクロアドとの 合弁会社設立に関する基本合意のお知らせ

PR TIMES / 2014年9月5日 11時55分

~「戦略PR×アドテクノロジー」新サービスの共同展開を開始~



総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:西江肇司、東証マザーズ:6058、以下ベクトル)とサイバーエージェント子会社の株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺健太郎 以下マイクロアド)は、共同出資により合弁会社『株式会社ニューステクノロジー(以下ニューステクノロジー)』の設立を合意し、戦略PRとアドテクノロジーを融合した新サービスの共同展開を10月1日より開始します。

【合弁会社設立の背景及び主旨】
昨今、米国および日本国内において従来のディスプレイ広告に取って代わる新しい広告手法として「ネイティブアド(※1)」が注目されています。国内では関連サービスの新規参入も増加傾向にあり、今後もネイティブアドを活用したコンテンツマーケティングの更なる拡大が見込まれる中、一人ひとりのユーザーに合った、より良質なコンテンツを届けることが求められています。
広告だけではなく、ニュースでモノを広める時代に変わっていく中、ベクトルが行っているクライアントのニュースを作り出す戦略PRのノウハウと、広告配信プラットフォーム事業者として活動するマイクロアドの技術力およびアドネットワークとを組み合わせ、広告と記事という概念を取り払った次世代型のマーケティング手法・マーケティングツールを企画・販売していくことでクライアントに対してより高い価値を提供できると考え、また、今後来る動画でニュースを届ける時代へのシフトを見据え、今回の合意に行きつきました。

本提携により、より多くの潜在顧客に対して適切な情報を届けることが可能となり、一連のマーケティング活動を最適化します。

(※1)ネイティブアドとは、ユーザーが通常利用しているメディアもしくはサービスの中で、違和感なく自然になじむデザインや機能で表示される広告のことです。ソーシャルメディア等のネイティブ広告費は2014年に31億ドル、2017年には50億ドルにまで達すると予測されています。(BIA/Kelsey調べ)

【合弁会社の概要】
商号    : 株式会社ニューステクノロジー
代表取締役 : 田中宏幸 (株式会社マイクロアド 常務取締役)
取締役   : 長谷川創(株式会社ベクトル 取締役)
       杉浦健太(株式会社ベクトル マーケティング部 部長)
       西七海 (株式会社マイクロアド)、森勇気 (株式会社マイクロアド)
所在地   : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ3F
設立年月日 : 2014年10月1日
主要事業内容: 次世代型PR商品『BLADE PR』の企画・販売
資本金   : 2000万円
株主構成  : 株式会社マイクロアド 51%
        株式会社ベクトル 49%

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング