不動産賃貸情報サイト「DOOR賃貸(ドア賃貸)」新たにOYO LIFEの賃貸物件情報を掲載開始

PR TIMES / 2019年8月22日 23時40分



株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)が運営する成功報酬型賃貸情報サイト「DOOR賃貸(ドア賃貸)」は、OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:勝瀬博則)の運営する「OYO LIFE(オヨライフ)」が取扱う賃貸物件情報の掲載を8月13日より開始しました。

<POINT>

「DOOR賃貸」では、2019年8月現在、日本全国の賃貸物件約460万件掲載
新たに「OYO LIFE」の取扱物件がDOOR賃貸に掲載
手軽に引っ越しができるOYO LIFEとの連携により、サイトユーザーのニーズに合った物件探しが可能に


[画像: https://prtimes.jp/i/15443/87/resize/d15443-87-303195-2.jpg ]



「DOOR賃貸」は、2010年4月にサービスを開始した「成果報酬型」の不動産賃貸情報サイトです。不動産情報掲載企業は物件に関する問い合わせがあるまで情報掲載等の費用が一切かからないことに加え、DOOR賃貸経由で契約したサイトユーザーには入居お祝い金を贈呈するなど、独自の仕組みを採用しています。
サービス開始から、順調に掲載物件数を増大しており、2019年8月現在、460万件以上の日本全国の賃貸マンション・アパート物件を掲載しています。

そしてこの度、新たに「OYO LIFE」が取扱う賃貸物件情報をDOOR賃貸に掲載開始することで、サイトユーザーは、これまで以上に多様な物件情報の中から、ニーズに合った物件を選択できるようになります。


■株式会社リブセンス 代表取締役社長 村上太一 コメント

ここ数年、賃貸ユーザーのニーズの多様化は加速しており、金銭的にも手続き的にも気軽に引っ越しをしたいというニーズが大きくなっているように見受けられます。その要望に応えるべく、この度、自由な賃貸生活を提供するOYO LIFEと提携をさせていただく運びとなりました。今回の提携により、DOOR賃貸ユーザーに従来よりも気軽に引っ越しできるユーザー体験を提供できると考えています。

■OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社 CEO 勝瀬博則 コメント

この度、株式会社リブセンスが運営するポータルサイトDOOR賃貸との連携を開始することとなりました。自由な賃貸生活を提供するOYOLIFEの物件情報をより多くの入居者様にお届けできることを嬉しく思っております。2019年9月からは10万円以下で住めるOYOLIFE物件を東京都以外のエリアにも拡大して提供いたします。是非スマホで簡単に契約できるOYOLIFEで自由な賃貸生活をお楽しみください。


DOOR賃貸では、今後も、ユーザーおよび不動産情報掲載企業の利便性を追求し、情報掲載数の増大やサイト機能の改善などに取り組み、ユーザーの皆様や不動産情報掲載企業様から圧倒的なご支持をいただけるサイトを目指してまいります。


■株式会社リブセンス について(URL : http://www.livesense.co.jp/
・所在地  東京都品川区上大崎 2 丁目 25 番 2 号 新目黒東急ビル
・設立   2006 年 2 月 8 日
・資本金  235 百万円
・代表者  代表取締役社長 村上 太一
・事業内容 インターネットメディア運営事業
株式会社リブセンスは、「あたりまえを、発明しよう。」をコーポレートビジョンに掲げ、求人領域、不動産領域、医療領域など多様なサービスを展開。新しい“あたりまえ”の発明を通じて、より多くのお客様に、そして広く社会に必要とされる企業を目指しています。

■OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社について(URL: https://www.oyolife.co.jp/
・所在地  東京都千代田区内幸町二丁目1番1号
・設立   2018 年 7月 31 日
・代表者  CEO 勝瀬博則
・事業内容 不動産賃貸事業
「OYO LIFE」は、テクノロジーを活用し、スマートフォンひとつで物件探し、契約や支払いのインフラ整備まで一気通貫のサービス提供を実現。家具家電付きの部屋が豊富に揃い、公共料金・Wi-Fi通信費など基本的なアメニティも料金に含まれています。また、検索しづらい物件情報、複雑な手続き、2年契約の縛りや敷金礼金など、今まで賃貸物件を借りる際に発生していた課題を排除し、自分のライフスタイルにあったエリアで新しい生活を手軽に楽しめる新生活サービスです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング