推計患者数約1,280万人「骨粗鬆症」疾病啓発活動をスタート

PR TIMES / 2014年12月1日 16時55分

桃井かおりさんを起用したテレビCMを12月1日(月)より全国で放映



日本イーライリリー株式会社は、12月1日(月)より、女優の桃井かおりさんを起用した骨粗鬆症疾病啓発のテレビCMを全国にて放映開始いたします。

骨粗鬆症の患者さんには骨折リスクがあり、一度骨折すると、次の骨折を引き起こすリスクが高まります。そして、骨折は寝たきりの主な要因の一つにもなります。高齢化社会が急速に進行する日本において、介護や介助を必要としない健康寿命を延伸するために特に注視すべき疾病です。しかし、患者さんに自覚症状がないことも多く、骨粗鬆症と気づかない場合もあり、日本の骨粗鬆症の推計患者数は約1,280万人に対して、実際に治療を受けている患者数は200万人程度にとどまっています。

今回のテレビCMでは、骨粗鬆症が原因の、自覚がない椎体骨折、“いつのまにか骨折”を、一般の方に認識いただき、医療機関の受診や、検査・治療を促すことを目的としています。「背中が曲がった」、「背が縮んだ」、「腰が痛い」といった症状が、実は骨粗鬆症による“いつのまにか骨折”の重要なサインであることを、自分の足で歩み続けていて自立した女性の象徴である桃井かおりさんが呼びかける内容です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング