ABCマートの店舗業務を支える基幹システムをクラウド上に全面移行

PR TIMES / 2014年12月15日 13時13分

ビジネスの急成長にも対応できるIT基盤を構築

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:金丸恭文、以下フューチャーアーキテクト)は、株式会社エービーシー・マート(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口実、以下ABCマート)の店舗業務を支える基幹システム「ABC-Mart Retail System(以下ARS)」を2014年11月末にAmazon Web Services(以下AWS)(*1)上に全面移行したことをお知らせいたします。



国内の靴小売業界において1位の売上と利益を誇るABCマートは、国内782店舗、海外192店舗(2014年11月末時点)を展開しています。商品開発ノウハウと海外ネットワークをベースとした高品質かつ付加価値が高い商品の低価格販売を強みとし、店舗戦略や現場を重視した販売力で急激な成長を続けています。

ARSは、持続的なビジネスの成長へ向け、現場の販売力を支えるべく、2010年10月にABCマートとフューチャーアーキテクトが独自に構築した基幹システムであり、稼働後もビジネスの拡大とともに効率的にインフラ投資を継続してきました。しかし、ABCマートが予想を上回る成長を遂げ、さらにビジネスモデルが「実店舗中心」から「実店舗とECとの融合」へと変化してきたことで、より柔軟な拡張性と高い対応力が求められるようになりました。

急増するデータの処理量に左右されず、様々なビジネス環境の変化にもスピーディに対応できる柔軟なIT基盤を実現するため、フューチャーアーキテクトはARSをクラウドサービス「AWS」へ全面移行しました。これによりハードウェア機器や設備などの物理的な事情に縛られることなく、柔軟かつスピーディなリソース調達と増減設が容易になりました。また、固定費だったハードウェアのコストも変動費化され、コスト面でのメリットも生み出しています。

本移行プロジェクトは、要件定義から移行までの全工程を約9ヶ月で完遂しました。そのなかでもとくに構築に関しては実質4ヶ月ほどの短期間で完了させており、新システムはサービスイン直後から現在に至るまで安定して稼働しています。ABCマートのIT戦略パートナーであるフューチャーアーキテクトは、今後もABCマートの迅速な経営判断と戦略の実行に寄り添い、ビジネスのさらなる加速と成長に向け、IT面から強固なサポートを継続していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング