訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁・タイ語目線で日本文化を発信する特集「Who made it?」を10月26日にリリース

PR TIMES / 2020年10月26日 17時45分

各編集者が同じテーマで企画・立案・執筆を行うオリジナル記事を4言語で発信します。

株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)は、自社メディア「MATCHA」にて、特集「Who made it?」をリリースしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/47971/96/resize/d47971-96-718716-0.jpg ]

MATCHA特集では、さまざまな国籍の編集者が在籍するMATCHAで、毎月1つのテーマを設定し、各編集者が企画・立案・執筆を行う特集です。すべての記事を日本語、英語、中国語(繁体字)、タイ語の4言語に翻訳し発信します。

第8号のテーマは「Who made it ?」。

日本に古くからある屏風、手ぬぐい。私たちの感性を豊かにしてくれるアート作品。それらは誰が、どのような思いで作っているかご存じですか? 特集では編集者が気になった“日本のモノ”をテーマに、それぞれどんなふうに作られているのか探りました。明日からのモノの見方を少し変えてくれる、「Who made it?」をお楽しみください。


特集概要

■テーマ:「Who made it ? ~モノにこもった愛を知る~」
■公開日:10月26日(月)
■概要:「Who made it ?」をテーマに、各編集者が異なる切り口で記事を制作・配信します。
■記事タイトル:
・手ぬぐい染めに挑戦!てぬクリ工房で体験できる伝統技法の「注染」
・観光がもっと楽しくなる!日本の伝統美と最先端の技術が輝く「東京スカイツリー(R)」の秘密
・東京スカイツリー周辺で体験できる伝統美「片岡屏風店」の屏風作り
・え、これも盆栽!?職人親娘に学ぶ“生きたアート”5つの楽しみ方
・これは、マスク?視点を変えると生活はもっと面白くなる!ミニチュア写真家・田中達也さんインタビュー

■対応言語:全4言語
日本語
http://matcha-jp.com/jp/who-made-it
英語
http://matcha-jp.com/en/who-made-it
中国語(繁体字)
http://matcha-jp.com/tw/who-made-it
タイ語
http://matcha-jp.com/th/who-made-it

※第6号の特集「人生最高の観光地」では、Go To Travelキャンペーンに合わせ在日外国人向けへのPR企画を実施中。特集ページ内に一部PR枠を設け、クライアント様の地域PRを支援いたします。

詳細はこちらのリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000047971.html


「MATCHA」とは


[画像2: https://prtimes.jp/i/47971/96/resize/d47971-96-776463-1.jpg ]

訪日観光プラットフォーム「MATCHA」は、訪日旅行者へ日本の情報を発信するWebメディアです。

日本全国の観光情報のほか、日本文化や旅行前に知っておきたい便利情報などを発信することで、日本観光を総合的にサポート。2020年10月現在、10言語にて展開をしており、月間PV600万以上のアクセスを誇ります。

多国籍な社内編集チーム・ライター、外部ライターによる豊富な知見や、綿密な取材に基づき良質な記事を多く提供しております。今後も更に伸び続ける訪日観光客の日本での体験価値を最大化し続けて参ります。


MATCHAの強み

「MATCHA」では、企業や官公庁・自治体とのタイアップなども行っており、クライアントからの依頼に基づく特集ページの制作も強みとしております。

過去に制作した事例として、星野リゾート、アシックスジャパン株式会社、官公庁・自治体様では、国土交通省関東運輸局、鳥取県や福島県などがございます。

企業のみなさま向けの資料はこちらよりご覧ください。
https://speakerdeck.com/yuaoki/zhu-shi-hui-she-matcha-hui-she-shao-jie-zi-liao

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング