「外貨ex」の総口座数が18万口座を突破! ~米ドル/円 標準0.4銭のスプレッド縮小キャンペーンが追い風に~

PR TIMES / 2012年3月15日 12時0分



株式会社サイバーエージェントFX(以下、「当社」という。 本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:西條晋一)は、この度、外国為替証拠金取引サービス「外貨ex」の総口座数が、2012年3月14日(水)時点で18万口座を突破致しました。

■総口座数18万口座突破の背景
この度、「外貨ex」の総口座数が18万口座を突破した背景として、当社では常にお客様にご満足頂ける質の高いFXサービスを提供する事を第一に掲げ、日々取り組んできた事が挙げられます。尚、当社が行ってきた施策の中で、最も注力した施策は、下記2点となります。

1. 米ドル/円 標準スプレッド0.4銭!業界最安値水準の低スプレッドを実現!
2012年2月6日(月)午前9時から、米ドル/円のスプレッドを標準0.4銭と業界最安値水準のスプレッドで提供する「スプレッド大幅縮小キャンペーン」を開始致しました。主要通貨ペアで、かつ取引量の多い米ドル/円のスプレッドを標準0.8銭から標準0.4銭へと大幅に狭めた事で、既存のお客様の取引活性化は勿論、新規のお客様が当社にて口座開設に至る契機になったと考えます。
その他、豪ドル/円は標準1.4銭にて提供し、スワップポイントも業界最高水準にて提供致しました。また、ユーロ/円は標準1.4銭、ユーロ/米ドルは0.9ポイントとさらにスプレッドを縮小して提供致しております。
尚、本キャンペーンは2012年3月30日(金)ニューヨーククローズまで実施致します。

2. FXトレードツールアプリ 「Cymo(サイモ)」の開発・バージョンアップ
当社の強みの1つである、FXトレードツールアプリ「Cymo」に関しては、お客様がいつでもどこでも快適なトレードができる環境の実現を目指し、日々改善を続けております。特に当社の出来高のうち、約40%をスマートフォンでの取引が占めており、お客様からの需要の高いスマートフォンアプリの開発とバージョンアップには最も注力しております。
2012年2月27日(月)には、かねてよりご要望の多かったiPhone Cymoのデモ版アプリ「iPhone Cymo VT」をリリース致しました。本番アプリ同等のクオリティを保ったデモアプリをリリースした事により、投資家の皆様は、本番口座での取引を始める前にFX取引や、独自の手法を習得頂く事が可能です。
また、今月末には、Android Cymoにおいて、注文機能をメインとしたバージョンアップを予定しております。今後もスマートフォンアプリを筆頭に、「Cymo」の開発とバージョンアップにより一層注力致します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング