住宅系ネットワークブランド及びサービス内容を強化 株式会社H&Cソリューションズ設立

PR TIMES / 2013年5月1日 12時17分

~取扱い3ブランドの新規取り扱い工務店を初年度のべ300社に~



住宅系ネットワークブランド及びサービス内容を強化
株式会社H&Cソリューションズ設立
~取扱い3ブランドの新規取り扱い工務店を初年度のべ300社に~


ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:港区白金台 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、100%子会社として株式会社H&C(エイチ・アンド・シー)ソリューションズを2013年5月1日に設立致しました。

今回、ハイアスと名称を分離したH&Cソリューションズを設立するに至ったのは、住宅系ブランドの運営をハイアスより移行し特化することで、更なるブランドの強化・工務店支援サービスの強化を行うためです。
ハイアスでは、設立から8年間で取り組んだ新規事業のうち、現在12種のブランド(ネットワーク)の運営をしておりますが、株式上場を見据えたこのタイミングで、その中の住宅系3ブランド(戸建賃貸ネットワーク「Will Style」、高性能デザイナーズ注文住宅「R+house」、高性能ローコスト規格住宅「eco l'oeuf[エコルフ]」)を強化致します。

2020年の省エネ住宅義務化に向け、Q値計算C値測定を標準としている「R+house」は、ネットワーク展開の本格開始から3年で約150社の工務店ネットワークに成長しております。2014年度の着工目標を1,000棟とし、地域の工務店の競争力強化のためのサービスメニューのさらなる充実を目指して参ります。

戸建賃貸販売実績全国No.1の「ユニキューブ」を主力とする「Will Style」ネットワークにおいては、2015年1月の相続税増税を見据えた商品力強化の一環として、ハイアスの子会社「アール・プラス・マテリアル」のweb受発注システムを活用してのコストダウン、さらに「ユニキューブ」の内装デザインのリニューアルなどに取り組んで参ります。

平均年収の低下に対応するために開発された「eco l’oeuf[エコルフ]」は、本体価格1,140万円というローコストでありながら、高性能断熱材であるデコスドライ工法を標準採用としており、省エネ性能は、Q値2.0、C値1.0で、20年間壁体内無結露保証が付きます。コストダウンは「アール・プラス・マテリアル」のweb受発注システムにより実現しています。今後は、約70社で全国展開中の「デコスドライ工法」施工代理店と連携をし、省エネ対応によりコストアップを余儀なくされる工務店をサポートするローコスト高性能商品として、今後の普及を加速させていく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング