ソニーグループのチャリティ・プログラム 「第44回愛の泉」  「RESTART JAPANファンド」へ贈呈 ―被災地の次世代を担う子どもたちへー

PR TIMES / 2012年2月22日 14時19分



ソニーグループのチャリティ・プログラム
「第44回愛の泉」
「RESTART JAPANファンド」へ贈呈
―被災地の次世代を担う子どもたちへー


東京・銀座 ソニービルでは、2011年11月30日(水)より12月25日(日)まで、ソニーグループ21社2財団の共催でチャリティ募金イベント「第44回愛の泉」を開催し、2012年2月15日(水)に募金贈呈式を実施いたしました。

愛の泉は、1968年から毎年続けているチャリティ活動で、44回目を迎える今回の募金贈呈額は、合計2,054,164円となりました。 今回は、「For the Next Generation」をテーマに次世代を担う子どもたちの支援をしているソニー株式会社と公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが設立した「RESTART JAPANファンド」に全額寄付いたします。この募金は、東日本大震災で被災した子どもたちの支援活動に使われます。

公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、事務局長 渋谷弘延様のコメント:
「皆様方のあたたかいご支援をいただき、大変感謝しております。今回いただきました寄付金は、東日本大震災で被災した子どもたちの保護とケア、教育、創造活動のために役立てていただきます。教育、スポーツ、芸術など幅広い分野において、これからも子ども参加型の支援活動を企画し、子どもたちが希望の持てる社会の復興が実現されることを目指した支援活動を展開します。」

ソニーは、重大な災害時においても、事業の継続と企業としての社会的責任を果たす取り組みを行っています。震災直後から現在、中・長期的な取り組みまで、ソニーは社員の力を活かしたり、NGO/NPOとの連携を通じて、継続的に地域コミュニティーの復興を支援しています。


<参考>イベント概要
「第44回愛の泉」 実施概要
期 間:2011年11月30日(水)~12月25日(日)
※オンラインの募金活動は異なります
場 所:東京・銀座 ソニービル 東京都中央区銀座5-3-1
主 催:ソニー企業株式会社(ソニービル)
共 催:ソニーグループ21社・2財団
協 力:ソニービル館内店舗18店舗、大崎ソニーシティ2店舗
寄付先:公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
東日本復興支援プロジェクト “RESTART JAPANファンド”

<「第44 回愛の泉」の活動>
「第44 回愛の泉」は、ソニービル屋外のイベントスペース「ソニースクエア」に白・青・緑の4 万球のLED を使用したオブジェを展示するクリスマスイルミネーションが登場し、募金を呼びかけました。募金をすると、イルミネーションの横に設置された募金箱壁面の光の演出と連動する場面を楽しんでいただける仕組みとなっていました。
期間中には他にも館内やソニースクアで様々なチャリティイベントを行い、多くのお客様に「愛の泉」の募金活動にご協力いただきました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング