BSI、組織が経済不安を打破するための5つの助言を発表

PR TIMES / 2012年5月18日 9時35分

本内容は、2012年5月16日に英国ロンドンで発表された英文リリースに基づいて
作成した日本語抄訳版です。
---------------------------------------------------------------
~ 企業は今、重大な事業中断を避けるための計画を立案する必要性に迫られている ~
---------------------------------------------------------------
 世界経済の回復が思わしくない状況が続く中、BSIは本日、組織が社会的、政治的、
および経済的脅威への備えを確実にするための5つの主要な助言を発表しました。

 事業継続マネジメント(以下、BCM)の新規格であるISO 22301(国際的に
認められた英国規格BS 25999から発展した規格)のリリースと時期を同じくして
発表されたこれらの助言は、ストライキなどによる、サプライチェーンの大規模な
中断、政治不安、顧客損失などといった問題に対する予防手段を実施するための
方法を示しています。

 脅威を打破することを目的としたこれらの助言のリストを手掛けたのは、BSIが
擁する国際的に著名な専門家たちです。このリストの先頭には、事業継続と存続戦略
の準備が挙げられています。また、企業が単に内部のプロセスだけに目を向ける
のではなく、重要なサプライヤの管理にも目を配ることを確実にするため、組織の
バランスシートを管理し、完全なリスク評価を実施することも推奨されています。

 またBSIは、企業が、国際的なグッドプラクティスに従うこと、そして経営陣の
承認の下でBCM計画を試験および演習する体系的アプローチを採用することを強く
お勧めしています。BSIのチーフエグゼクティブであるHoward Kerr(ハワード カー)
は次のように述べています。

 「現在の組織では、事業継続の演習が十分に行われていません。企業の規模に
かかわらず、計画を十分に立て演習しなければ、企業とその従業員が危険にさらされ
ます。我々のクライアントの調査によれば、BCMのために総体的な取り組みを
採用している場合、インシデント(偶発的な事故など)および事業中断からの
復旧のスピードが82パーセント改善しています。」

 過去1年にわたる世界各地での悪天候や自然災害などの環境的事象により、
事業継続マネジメントへの認識が高まり、事業継続マネジメントを取り入れようと
する傾向が強くなっています。世界経済の回復に混乱が続く現在、BSIは、組織が
意思決定の場において事業継続マネジメントの問題を重要な課題として取り上げ、
政情不安、社会不安、経済崩壊による潜在的な影響に備えることを強くお勧め
しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング