ローソン「からあげクン音頭2012」プロジェクト 3Dキャラクタが出現する"2.5次元生放送”を7月24日配信サポート

PR TIMES / 2012年7月19日 17時56分



クローク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:原田厳、以下「クローク」)は、株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:柳澤大輔、以下「カヤック」)が参加するローソン「からあげクン音頭2012」プロジェクトにおける3Dキャラクタが出現する"2.5次元生放送”を来る7月24日23時より配信サポート致します。

今回の放送では、3Dキャラクターである「あきこロイドちゃん」がニコニコ生放送内に生出演しているかのような演出をいたします。これには、面白法人カヤックによる生放送に3Dキャラクターを合成する技術が使われています。この
技術を活用することでタレントとキャラクターが共演する番組制作やリアルなステージに3Dキャラクターを出現させるイベント演出、公園やテーマパークに巨大ロボットをバーチャルに出現させるといった企画が可能になります。クロークは番組への映像制作の一部を技術サポートさせて頂いております。


【「からあげクン音頭2012」プロジェクトについて】
2005年に誕生したローソン店舗での定番ソング「からあげクン音頭」を、「からあげクン音頭2012」としてリニューアルするプロジェクト。からあげクン音頭を更なる幅広い層へ浸透させるために音楽プロデューサー前山田健一氏が編曲を担当。前山田健一氏によって「からあげクン音頭2012 通常Ver」、前山田健一氏の別名義【ヒャダイン】として「からあげクン音頭2012 リリリリ☆リミックスVer」の2バージョンが制作されます。


【面白法人カヤックについて】

面白法人カヤックでは、UNITY、HTML5といった技術を活用し、かつて描いたであろう未来を企業様と共に実現する3DやAR、デジタルサイネージなどの企画開発を行っています。興味をお持ちの企業様はお問い合わせください。
http://www.kayac.com/service/sp/3d_ar

◆「攻殻機動隊 S.A.C」シリーズ 電脳空間システム
電脳空間をリアルなスペースに再現。電脳空間にダイブしているようなリアルとバーチャルの融合体験ができます。

◆TV東京ドリームクリエイター「りのんちゃん」演出
スタジオの生放送とリアルタイムにインタラクティブに3Dキャラクターが連動するテレビ番組企画です。

◆ローソン「エヴァンゲリオン ARアプリ」
箱根の仙石原小学校の校庭であらかじめアプリをダウンロードしたiPhoneをかざすと80メートルの等身大エヴァンゲリオン
が現れる 拡張現実iPhoneアプリ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング