H.I.S.春キャンペーンスタート ~貸切企画第三弾~ 世界の名作、貸切。  

PR TIMES / 2014年1月16日 17時39分



 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下H.I.S.)東日本地区では、2014年1月15日より春キャンペーンを開始しております。今回の春キャンペーンでは、Ciaoブランド25周年、安心の頼れる添乗員同行の旅impresso(インプレッソ)ブランド15周年を記念した特別商品として「バチカン市国」の世界の名作を貸切するコースを商品化し、発売いたしました。第一弾「フランスが誇る芸術の殿堂、世界3大美術館のひとつ、ルーヴル美術館の貸切見学」、第二弾「スペイン・バルセロナが誇る世界遺産サグラダ・ファミリア貸切見学」に続く、『貸切企画』 第三弾となります。
バチカン市国バチカン美術館&システィーナ礼拝堂『最後の審判』を貸切
イタリア(ミラノ)サンタ・マリア・デッレ・グラツィェ教会『最後の晩餐』を貸切(又は確約)!
 2009年よりスタートした「ルーヴル美術館の貸切見学」は、今年で6年目を迎えます。過去に参加されたお客様から「ルーヴルを貸切なんて夢のよう。」「2回目でしたが、通常入場とは大違い!まるで独り占めかのようにゆっくりと名画を鑑賞することが出来ました。」スペインでは「サグラダ・ファミリア貸切見学は、私たちだけで静かな中で見学ができたので、荘厳な気持ちを味わうことができました。」と大変好評をいただきました。

 『貸切企画』第三弾では、バチカン市国「バチカン美術館&システィーナ礼拝堂(最後の審判)」を貸切り、イタリア・ミラノにある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィェ教会(最後の晩餐)」も貸切り又は確約することで、ミケランジェロとレオナルド・ダ・ヴィンチの2つの名作をお楽しみいただける商品となっております。

 ローマ教皇を選出する「コンクラーベ」が行われる神聖な会場として知られる「システィーナ礼拝堂」では、鑑賞中の私語が禁止
となっており、通常では礼拝堂内でのガイドの案内(解説)はできませんが、貸切ることでその場でご案内が可能となりました。
また、貸切りだからできる思い思いの体勢(寝ころがって見上げる、座って見る)でゆったりと人類至宝の芸術ミケランジェロの大作
「最後の審判」をご堪能いただけます。

<旅行商品>

■「羽田発着 エールフランス航空で行くイタリア4都市周遊ローマ&フィレンツェ&ミラノ&ベネチア8日間」
「最後の審判」&「最後の晩餐」の贅沢貸切見学スーペリアクラスホテル利用249,000円(燃油サーチャージ込み)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング