取り外しが面倒なビニールワイヤーや発泡スチロール、プラスチック緩衝材などを使わない取り組み、Amazonフラストレーション・フリー・パッケージ (FFP) が20万種類を超える商品に採用

PR TIMES / 2013年12月5日 10時52分

~5年前に対象商品19商品から始まったFFPは、現在20万商品以上に拡張~
お客様が梱包を開ける際のイライラを軽減し、リサイクル可能な素材の使用や無駄を省くことを目指す。

2013年12月5日-(NASDAQ: AMZN) -Amazon は、本日、過剰な梱包資材を省く長期的な取り組みであるAmazonフラストレーション・フリー・パッケージ (以下FFP) の対象商品が、5年前の導入時の19商品から、現在20万を超える商品にまで拡張したことを発表いたしました。FFPは、お客様が玩具や家電製品を開封する際に経験するフラストレーションを軽減するため、Amazonが主要メーカーと共同で開発した、よりコンパクトで、開封しやすく、リサイクル可能な素材を使用した段ボールを使ったパッケージであり、過剰包装を減らす一方で、中身を保護します。

「私たち誰もが、分厚いプラスチックで密封された容器を開けたり、無数のビニールワイヤーで固定された商品を パッケージから取り出すのにフラストレーションを経験してきました。」とAmazon.comの創業者 兼 CEOの ジェフ・ベゾスは述べています。「私たちは、メーカー、そしてお客様とともに、簡単開封で中身を保護し、無駄を取り除く取り組みであるFFPを開発してきました。現在、2000以上のメーカーがこの取り組みに参加しています。」

2008年に19商品を対象に開始したFFPへの参加企業数は、4社から現在2000社以上となりました。日本での 参加メーカーは、パナソニック、トランセンド・ジャパン、バッファロー、エレコム, アイ・オー・データ、プラネックス、TDK等です。現在まで、175カ国にわたり、7500万個以上の商品をFFPでお届けしています。


また、FFPは開封で排出されるごみの量を軽減します。以下は、この取り組みで実際に削減されたごみの量です。

・ 段ボール使用を5890万平方フィート(約5.5km2)削減
・ 2470万ポンド(1万トン以上)に及ぶ過剰包装を削減
・ 包装箱で1450万立方フィート(41万m3以上)を削減 

この取り組みには、パッケージについてのレイティング評価やご意見を通じて、Amazonのお客様からご支援をいただきました。こうしたご助言は、毎年、何百という梱包方法の改善につながり、この取り組みの原動力となっています。FFPに対するお客様からのコメントをご紹介します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング