トランスコスモス アウトソーシングレポート 海外ソーシャルリスニング最新動向(2012/03) ~市場概況と欧米先進企業のソーシャルリスニング活用代表事例を紹介~

PR TIMES / 2012年3月9日 14時20分

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)は、アウトソーシングレポート「海外ソーシャルリスニング最新動向(2012/03)」を発表しました。本レポートは、トランスコスモスホームページよりお申し込みいただいたお客様企業に、無料でご提供しています。

ここ数年で、生活者がソーシャルメディアを日常的に利用する動きが世界中で広がっています。こうした中、企業にとっても、ソーシャルメディア上の生活者の声は無視できない存在になりつつあり、これら「顧客の声」を積極的に傾聴し、カスタマーサポートやマーケティングに活用する企業が増加しています。さらに、ソーシャルメディアには生活者のさまざまなプロフィール情報が存在する点に着目し、海外ではソーシャルメディアの情報と企業が保有する情報を連携させて価値を見出すため、ソーシャルCRMに取り組む動きも見られるようになってきています。

本資料では、欧米先進企業におけるソーシャルリスニング活用の代表事例を取り上げ、これら事例から見えてくる実態に即した運用形態や今後の方向性など、ソーシャルリスニングを効果的に展開する際のヒントを探ります。


文書名 :海外ソーシャルリスニング最新動向(2012/03)
文書形式 :PDFファイル(26ページ)
発行 :トランスコスモス株式会社 サービス統括 サービス企画本部 調査部
お申し込み方法 :トランスコスモスホームページより、お申し込みください。(無料)
http://www.trans-cosmos.co.jp/outsourcing-report/


■トランスコスモス アウトソーシングレポートについて
本レポートは、日々変化・進化するIT業界において、いち早く市場環境や顧客ニーズの変化を捉えるため、トランスコスモスのリサーチ部門がグローバル且つアウトソーサーの視点で、さまざまな最新の業界動向や技術・サービス動向について独自に取材・調査した情報や知識(ナレッジ)を基に制作・編集しています。

<注意・免責事項>
・ 本レポートは、弊社のお客様企業向けへの情報提供を目的として作成しています。
・ 本レポートを作成するにあたり、最新かつ正確な情報を提供するように努めておりますが、その完全性・正確性・妥当性について保証するものではございません。
・ 本レポートのご利用に際しては、お客様ご自身でご判断されますようお願いいたします。
・ 本レポートのご利用により、いかなる損害が生じたとしましても、弊社は一切の責任を負いません。
・ 本レポートの内容については弊社、および引用物に関しては引用元に著作権があります。
・ 従いまして、本レポートの一部または全部を、弊社の許諾なしに複製・転載・流通・再配布することを固くお断りいたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング