【朝日学生新聞社の新刊】『学びの本質の教科書 教育と子育て編』

PR TIMES / 2020年7月30日 17時40分

『ドラゴン桜』パート1、『ドラゴン桜2』漫画本編からの抜粋も多数掲載。子育て中の保護者向け教育書

朝日学生新聞社出版部( http://www.asagaku.jp )は、『学びの本質の教科書 教育と子育て編』を発行します(発売=朝日新聞出版)。



いよいよ2020教育改革がスタートした!
新型コロナの影響も相まって、教育のありようが問われている。
学びの本質をおさえて、不安をぶっとばせ!

[画像1: https://prtimes.jp/i/21716/176/resize/d21716-176-265272-0.jpg ]

 保護者の悩みにこたえるべく、東大受験漫画『ドラゴン桜2』の主人公・桜木建二が識者に取材して集めた最新の教育&子育て情報を教えるのが、『学びの本質の教科書 教育と子育て編』です。

 「東の名門・開成の元校長に聞く!」(柳沢幸雄さん)、「『教えないで伸ばす』敏腕教師!」(井本陽久さん)、「芥川賞候補作家に聞く学びの極意!」(千葉雅也さん)、「人の子育てもゴリラ研究に学べ!」(山極壽一さん)、「新しい学びの境地を拓くYouTuber!」(葉一さん)――。
 道を究める識者らのことばは、視野を広げてくれるものばかり。

 LINENEWS朝日こども新聞「ドラゴン桜2×朝日小学生新聞&朝日中高生新聞『桜木建二が教える 大人にも子どもにも役立つ 2020年教育改革・キソ学力のひみつ』」、待望の書籍化・第2弾。

●LINENEWS朝日こども新聞連載にて累計PV数80万以上!
●『ドラゴン桜』パート1、『ドラゴン桜2』漫画本編からの抜粋も多数掲載。
●子育て中の保護者向け教育書

【目次】
⚫1時間目 校長先生から保護者へ!
・子どもの力を引き出し、「ちゃんと食える大人」に育てる開成流教育法!――柳沢幸雄(元開成中学校・高等学校校長)
・「自分」を主語にして語れたら、世界のどこでも通用する人材になれる!――日野田直彦(武蔵野大学中学校・高等学校校長)

⚫2時間目 学校・授業が変わる!
・これからの学校教育は、学びに向かう力や人間性の涵養を目指す!――前田康裕(熊本大学教職大学院准教授)
・子どものプルッとした輝きのために親はあるがままを受け止めよ!――井本陽久(数学教師)

⚫3時間目 「学ぶ」ってどういうこと?
・筋トレ&アーティストモードでルネサンス的教養をつけろ!――千葉雅也(哲学者、批評家、作家)
・ミネルバ生は日々、好奇心をエンジンにして学び方を学んでいる!――日原翔(ミネルバ大学4年生)

⚫4時間目 「人を育てる」とは?
・人として成長するために不可欠な対話力を大学までに身につけろ!――山極壽一(人類学者、霊長類学者)
・宇宙での生活に近いコロナの時代、失敗&リカバリー体験が人を育てる!――山崎直子(宇宙飛行士)

⚫5時間目 塾選びの秘訣を伝授!
・塾は正しい勉強の型を、親は計画立案・目標設定でサポートしよう!――清水章弘(プラスティー教育研究所 代表取締役)
・いまの時代、スマホで勉強するのが、効率的であり、当然の流れだ!――葉一(教育系YouTuber)
[画像2: https://prtimes.jp/i/21716/176/resize/d21716-176-584194-1.jpg ]



<著者プロフィール>
「ドラゴン桜2」
著者は漫画家・三田紀房氏。東大受験漫画『ドラゴン桜』の続編。底辺校から中堅校に成長したものの、再び落ちぶれつつある龍山高校が舞台。弁護士・桜木建二が生徒たちを東大に合格させるべく、熱血指導するさまを描く。教育関係者らへの取材をもとに、実用的な受験テクニックや勉強法をふんだんに紹介している。雑誌「モーニング」(講談社)、「ドラゴン桜公式マガジン」(note)で連載中。

ライター・山内宏泰
主な著書に、『ドラゴン桜・桜木建二の東大合格徹底指南』(宝島社)、『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)、『文学とワイン』(青幻舎)などがある。

<商品情報>
『学びの本質の教科書 教育と子育て編』
2020年8月7日発売
三田紀房・漫画
山内宏泰・著
定価 本体価格1,700円+税

[画像3: https://prtimes.jp/i/21716/176/resize/d21716-176-694366-2.jpg ]


■関連書籍■
「親が知っておきたい 学びの本質の教科書 教科別編」も好評発売中!
(定価 本体価格1500円+税)

■インターネット書店やお近くの書店、朝日新聞販売所(ASA)でお求めください。

■お問い合わせは、朝日学生新聞社出版部(電話番号03・3545・5436、平日午前10時~午後6時)。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング