『健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2015年度版』11月30日に発行

PR TIMES / 2015年11月25日 16時25分

~市場規模は1兆5,785億円と対前年2.9%増加、機能性表示食品制度も寄与の可能性~



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、生活者視点での健康食品・サプリメント市場の実態把握を目的にした調査を、2015年9月3日~14日にインテージ・ネットモニター“マイティモニター”※1を対象に実施し、その結果をまとめた『健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2015年度版』を11月30日に発行します。

日本の食品、飲料、健康食品・サプリメント業界では、2015年4月の機能性表示食品制度開始に伴い、市場環境、生活者意識は大きく変化しており、各社のマーケティング・販売活動は、制度対応や見直しが必要となっています。

当社では、健康食品・サプリメント市場の可視化に向けて、2012年から生活者・利用者視点からのネット調査を国内最大規模で実施しており、毎年秋に定点観測データの提供が可能となりました。今回のレポートでは、機能性表示食品制度の導入前の昨年度のデータを用いることにより、制度導入前後の生活者実態、健康食品・サプリメント市場の動向、変化を包括的に捉えることができました。
当レポートでは、健康食品の利用目的(ヘルスベネフィット)を分類し、49の分類(カテゴリ)ごとのユーザー層や購入理由・使用実態、顕在・潜在市場規模等の把握が可能です。さらに65種類の機能性原料(素材・成分)について生活者の認知度・効能理解度をみる「原料ブランディング」の視点も盛り込んでいます。

■『健康食品・サプリメント市場実態把握レポート2015年度版』トピックス


日本の健康食品・サプリメント推定市場規模は1兆5,785億円で、対前年444億円(2.9%)の増加。
2015年度の健康食品・サプリメント利用者数は5,758万人で、対前年92万人(1.6%)の増加。2015年度の1人当たり平均購入金額は27,414円で、対前年337円の微増。
2015年度の健康食品・サプリメントの推定市場規模をヘルスベネフィット別にみると、「美肌・肌ケア」が1,432億円と最も高く、次いで「健康維持・増進」が1,307億円、「疲労回復」が1,063億円、「栄養バランス」が843億円、「関節の健康」が836億円と続く。
主使用品の購入ルート(販売チャネル)は、通信販売全体で52.1%。店頭販売全体で40.1%。店舗販売のうちドラッグストア経由が25.1%と前年(24.0%)から増加している。

---------------------------------------------------------------
レポートの概要
--------------------------------------------------------------
[表1: http://prtimes.jp/data/corp/1551/table/182_1.jpg ]



---------------------------------------------------------------
調査の概要
--------------------------------------------------------------

[画像: http://prtimes.jp/i/1551/182/resize/d1551-182-239927-1.jpg ]

---------------------------------------------------------------
健康食品のカテゴリ/成分・素材について
--------------------------------------------------------------
【49種類の利用目的(ヘルスベネフィット)別カテゴリ】

[表2: http://prtimes.jp/data/corp/1551/table/182_2.jpg ]


【65種類の機能性原料(成分・素材)】

[表3: http://prtimes.jp/data/corp/1551/table/182_3.jpg ]


※1:マイティモニターとは
インテージの「キューモニター」と、「ドコモプレミアクラブ会員*」を基盤にドコモ・インサイトマーケティング社が管理する調査協力者の2つを統合し、質の高さ、500万人を超える圧倒的なモニター数の豊富さ、そして用途に合わせて多彩に利用できる万能さを兼ね備えた国内最大規模のインターネットモニター。

*「プレミアクラブ会員」のうち、プレミアアンケートの協力者。
*「プレミアクラブ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※2:株式会社グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 プロフィール
アピ(株)、サニーヘルス(株)を経て、2004年1月(株)グローバルニュートリショングループ設立、現在に至る。海外企業の日本市場参入および国内企業の海外市場進出の支援、新規事業の立ち上げ、新商品開発などのコンサルティングを行う。原料、製造、商品開発、マーケティングの最前線で経験を積んだ実践派コンサルタント。

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

--------------------------------------------------------------
報道機関からのお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------
株式会社インテージ 広報担当
担当:米山(よねやま)/小関(おぜき)
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5256-2230
「お問い合わせフォーム」  http://www.intage.co.jp/contact/

--------------------------------------------------------------
健康食品・サプリメント市場実態調査レポート等に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------
株式会社インテージ 健康食品プロジェクト mail:kensyoku@intage.co.jp
<東日本地区> 株式会社インテージ FMCG事業本部 担当:桜木  TEL:03-5294-6399
<西日本地区> 株式会社インテージコンサルティング 大阪事業所 担当:濱  TEL:06- 6228-0311

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング