JTBモチベーションズ<企業の『モチベーション向上施策』に関する調査>

PR TIMES / 2014年1月30日 18時2分

●企業が実施する『モチベーション向上施策』の3大カテゴリーは、
「キャリア・成長の支援」、「知識・能力・スキル向上」、「コミュニケーション促進」
●「制度」で土台を作り、「教育・研修」により成長を促し、「会議・イベント」でメリハリをつけて、モチベーション向上を実現する
●製造業のモチベーション向上施策は、リアルコミュニケーション重視
●医薬品関連製造業は、社員一人一人の資質向上を目指す「キャリア・成長の支援」と「知識・能力・スキル向上」に集中特化
●IT・通信業では、ざっくばらんなコミュニケーション促進が主流、「知識・能力向上」は基礎学力・一般教養から大学院のプログラム活用まで

<自律型、創造型人材の育成のためには、「アイデア創出」「企業理念」等が必要>
<キャリア支援、教育にも、エンターテイメント要素を入れ、視野の広がり、発想の転換を>




 JTBグループで、働く人のモチベーション向上を目的とした企業コンサルティングを行う株式会社ジェイティービーモチベーションズ(東京都港区 代表取締役社長:上田泰志)(以降JTBモチベーションズ)は、「企業の『モチベーション向上施策』に関する調査」の報告書をまとめました。

 本調査は、企業の大きな関心事である社員のモチベーション向上に関し、実際にどのような施策が行われているかを、ビジネス誌に掲載された約300の施策について集計・分析を行ったものです。産業界の最前線の情報を掲載するビジネス誌に取り上げられた内容は、読者であるビジネスパーソンや経営者の関心を凝縮したものであり、産業界における需要のトレンドを反映したものと言えます。こうした情報を、モチベーション向上施策という切り口で収集し分析することで、企業における組織開発や人材育成について検討する際の資料とすることを目的としています。

※詳しい調査レポートは、JTBモチベーションズのHP http://www.jtbm.co.jp/ から問合せいただけます。


<調査結果の概要>
○ モチベーション向上施策の3大カテゴリーは、「キャリア・成長の支援」、「知識・能力・スキル向上」、「コミュニケーション促進」
収集された293の施策を内容別に集計した結果、最も多かったのは、「キャリア・成長の支援」30.0%、次いで「知識・能力・スキルの向上」28.7%、「コミュニケーション促進」26.3%でした。この3つが、企業におけるモチベーション向上施策の3大カテゴリーであると言えます。逆に少なかったのは、「社会貢献」「家族への働きかけ」などでした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング