マレーシアおよびベトナムでのeコマース事業展開について

PR TIMES / 2013年8月27日 13時0分

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、マレーシアでのeコマース展開を目的としてSumisho Ecommerce Malaysia Sdn.Bhd (本社:マレーシア クアラルンプール市、代表:永島 哲規、以下「住商eコマース マレーシア」)を設立しました。また、ベトナムでeコマース事業を展開しているTiki Corporation(本社:ベトナム ホーチミン市、代表:Tran Ngoc Thai Son、以下「ティキ」)に資本参画しました。


住友商事はeコマース事業を戦略的事業分野と位置付け、事業会社の株式会社爽快ドラッグ(本社:東京都渋谷区、取締役社長:小森 紀昭、以下「爽快ドラッグ」)を中核として事業展開に積極的に取り組んできました。ミネラルウォーター、健康食品、洗剤、柔軟剤、ペット用品等約12万点を超える商品を取り扱う爽快ドラッグは、楽天株式会社が提供する「楽天市場」において「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー 総合第1位 グランプリ」を4年連続で受賞するなど、日用品eコマースの最大手に数えられています。
住友商事では、中期経営計画「Be the Best, Be the One 2014」においてアジアでのリテール事業戦略を全社育成分野としており、既に展開中の中国、インドネシアに加え、住商eコマース マレーシア、ティキでの事業を通じてアジアでのeコマース事業を拡大していきます。


マレーシアは一人当たりGDPが1万ドルを超え、力強い経済成長が続いています。また、インターネット普及率が60%と、近隣国に比べインターネットの利用が進んでおり、eコマース市場の更なる拡大が期待されます。住友商事は住商eコマースマレーシアを通じて、2013年12月よりクアラルンプールを中心に生活用品全般を扱うeコマースサービスを開始し、順次提供エリアを拡大する予定です。サイトオープン日については後日発表いたします。


ティキは2010年に設立された書籍を中心としたeコマース事業を展開する会社です。設立から3年足らずで、ベトナム有数のeコマース事業者に成長し、2012年度にベトナムe-commerce associationが主催する投票で、「ベストカスタマーサービス」「ベストデリバリー」「ベストオンラインブックストア」の3部門でグランプリを受賞しています。
住友商事グループはティキに30%出資し、非常勤の取締役1名を派遣します。ベトナムeコマース市場はまだ黎明期にあるものの、都市部を中心に利用者が急速に増加しており、ティキは住友商事との提携を機に、取扱い商品カテゴリ―を拡充し広がる需要に応えていきます。住友商事は爽快ドラッグの運営で培ったインターネット店舗経営のノウハウや商品調達力を提供し、ティキの事業拡大を支援していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング