BSIジャパン、名古屋医療センターに ISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)と ISO 9001(品質マネジメントシステム)の同時認証を実施

PR TIMES / 2014年3月14日 9時54分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(愛知県名古屋市 以下名古屋医療センター)へISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)とISO 9001(品質マネジメントシステム)の認証を実施しました。(認証登録日:2014年2月12日)

 名古屋医療センターは、明治11年に国営の名古屋衛戌(えいじゅ)病院として創設されて以来、約130年の歴史をもつ病院です。現在、救命救急センターなどを設置し、30の標榜診療科と約1300人の職員により総合的で高度な医療を提供しています。このたび、今まで以上に患者さんに安心していただける質の高い医療を提供するため、臨床研究センター 臨床研究事業部 臨床研究運営室の認証範囲において、ISMS(ISO 27001)情報セキュリティマネジメントシステムと、QMS(ISO 9001)品質マネジメントシステムを構築し、統合審査にて、BSIジャパンから2規格同時に認証を取得しました。

 ISO 27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者の信頼を得られるセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格です。ISO 27001を導入して構築・運用することにより、組織は、情報漏えいや不正アクセスといった会社に損害を与えうる情報リスクと脅威に対処・管理して、情報セキュリティを継続的に向上させることができるようになります。また、組織のブランド力・評判の強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼の確保にも大きく役立ちます。
 ISO 9001は、製造やサービス提供といった業務プロセスの維持や改善によって、製品やサービスの質の向上を図るためのマネジメントシステムであり、世界で最も幅広く利用されている国際規格です。

 BSIジャパンは、ISO 27001の国内認証件数において、サービス開始以来、No.1の実績(※)を維持し続けています。業界をリードする審査機関の責務として、BSIジャパンは、無料でご参加いただけるISO 27001概要解説セミナーやISO 27001審査員トレーニングコース(有料)など数多くの情報提供の機会をご用意しております。 
※ JIPDEC公開データより(http://www.isms.jipdec.or.jp/isms.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング