子ども向け動画配信アプリ「LINE KIDS動画」をiPhone向けに近日提供開始

PR TIMES / 2014年3月20日 16時4分

LINEが厳選した1,500本以上の良質な動画コンテンツを、無料視聴機能と2つの定額プランで提供           安全面に配慮したサービス設計で子どもの成長と親子の健全なスマートフォン利用を支援



LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、本日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」http://line.me の新サービスとして、子ども向け動画配信アプリ「LINE KIDS動画」を近日iPhone向けに開始することを発表いたしましたのでお知らせいたします。

近年、スマートデバイスの普及に伴い、スマートフォンやタブレット端末を通じて、子どもが様々なアプリやゲーム、動画コンテンツなどに触れる機会が増加しています。中でも動画コンテンツは動画視聴アプリを通じて手軽に楽しめることから、そのニーズは高く、育児利用に使われるケースも増加しています。

その一方で、暴力的・性的な表現を含む過激なコンテンツへの意図しない接触や、長時間の連続使用によるコンテンツ依存、視力の低下など、子どもの健全な成長を阻害するリスクも存在しています。

このような状況を受け、LINEでは、1歳~6歳の未就学児とその保護者を対象に、1) 親子で楽しめる安心のコンテンツを 2) 安心の価格で 3) 子どもの安全面と健康面に配慮した安心のサービス設計で提供する動画配信アプリとして、「LINE KIDS動画」を開始いたします。まずは近日中にiPhone版の提供を開始し、2014年春を目処にAndroid版の提供を予定しています。

LINEは、世界最大のコミュニケーションプラットフォームを目指す立場の責務として、「LINE KIDS動画」の提供を通じ、親子のコミュニケーションを促し、絆を深める一助となることを目指します。さらに、本サービスの提供のみならず、親子でのスマートフォンの健全な使い方やマナーに関する情報発信も積極的に行ってまいります。

【「LINE KIDS動画」の特徴】
1)安心のコンテンツ: 28タイトル・1,500本以上の良質なコンテンツラインナップ
『ドラえもん』や『ポケットモンスター』、『プリキュア』などの人気キャラクターを中心に、LINEが厳選した28タイトル・1,500本以上の動画コンテンツを提供いたします。そのほか『仮面ライダー電王』や『炎神戦隊ゴーオンジャー』といった戦隊シリーズや、『パワーパフガールズ』や『スポンジ・ボブ』などの海外作品、『楽しいムーミン一家』や『赤毛のアン』など親子で楽しめる名作、『CatChat えいごKIDS!』や『きかんしゃトーマス』などの知育・語学教育に役立つ作品まで、豊富なラインナップをサービス提供時から取り揃えています。今後は『しまじろうヘソカ』をはじめ、ラインナップを順次拡大してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング