タヒチの黒蝶真珠、希少なピーコックカラーの大珠ジュエリーを発売 3月8日、『ダーマ・コレクション』2013夏号で

PR TIMES / 2013年3月6日 19時41分

株式会社ディノス(東京都中野区)は、2013年3月8日、人生のキャリアを重ねながらエレガンスを磨いていく今どきの女性たちのファッションマガジン『DAMA collection(ダーマ・コレクション)』2013夏号デジタルカタログを、3月22日のカタログ発行に先行して公開、この夏に向けてタヒチの黒蝶(くろちょう)真珠を発売します。(4月上旬からお届け)




“地上最後の楽園”とも称えられるタヒチの美しい海で生まれる高品質の黒蝶真珠は、今から約50年前、一人の日本人技術者が世界で初めて黒蝶真珠の養殖に成功して誕生したと言われ、その後タヒチの主要産業として大きく発展しました。今号では、夏号特別企画としてその歴史を辿り、黒蝶真珠の養殖場のひとつ「ヴァイプラパール」を訪ねた記事ページを写真とともに掲載します。

黒蝶真珠でも、孔雀の羽に例えられるピーコックカラー(※)は希少とされますが、その中でも10万個にひとつの確率と言われる大珠13mmの真円をトップに据えたネックレスと、11mmのイヤリング・ピアスをご紹介します。加えて、13mmをより引き立てるダイヤモンドを配したリングとペンダントを発売するほか、よりカジュアルに身に着けられる
黒蝶バロックパールのネックレス2型、黒蝶グレーパールのネックレスとイヤリング・ピアスなど合計8型を発売します。
 

ディノスはこれからも、“ここにしかない”魅力的なファッションアイテムのご提供を通じて、お客様一人ひとりの“歌うように、くらそう。”のお手伝いをしたいと考えています。


(※)南太平洋に浮かぶ、5つの諸島で構成された大小118の島々で「地上最後の楽園」と称えられるタヒチ。その美しい海から生まれるタヒチの「黒蝶真珠」の魅力は、その多彩な色にあります。母貝の縁に表れる色を映し、赤・青・黄が混じり合った黒に光の反射などが加わり神秘的な色を醸しだします。中でも、孔雀の羽の色を連想させるピーコックグリーン(ピーコックカラー)は、とても希少性が高いと言われています。  


詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.dinos.co.jp/guide/info/pdf/20130306-1.pdf


【販売商品一例】 ※商品詳細URLは全て3月22日に公開予定

◆9~13mm 黒蝶パールピーコックカラーネックレス 498,000円(税込)
http://www.dinos.co.jp/p/1234902500/ 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング