パソナテックのクラウドソーシングサービス「Job-Hub」 発注者とコワーカーのマッチングを「人力」サポート 「仲人型」クラウドソーシングとしてサービス強化

PR TIMES / 2014年1月30日 18時2分

株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)が運営するクラウドソーシングサービス「Job-Hub」(ジョブハブ、jobhub.jp)は、人材サービスのノウハウを活かし、「発注者」と「コワーカー」の最適なマッチングを行う新たなクラウドソーシングの形、「仲人(なこうど)型クラウドソーシング」サービスを2月3日(月)より開始いたします。



日本のクラウドソーシング市場は前年比230.9%の成長を遂げており、2017年には1,474億円(年平均成長率79.3%)の市場になると言われています(矢野経済研究所調べ)。利用者が増える一方で、「面識のないWeb上のワーカーに対して仕事を依頼するのは不安だ」「仕事の依頼の仕方がわからない」「発注した案件に対して数多くの提案があったが、どのワーカーが最適なのかわからない」といった声も多く、こうした不安や疑問から、簡易で低単価な業務案件の発注が多くなりがちです。

そこでJob-Hubは、「仲人型」クラウドソーシングとして利用者の不安や疑問を解消するサービスを開始いたします。「仕事とスキルのマッチング」を担うコーディネーター「お仕事仲人(なこうど)」が電話やメールにて発注者からの問い合わせに対応いたします。人材サービスのリーディングカンパニーとして培ったノウハウを駆使して、オンラインだけでは対応できないきめ細かな「人力」でのサポートいたします。

※コワーカーとは
時間や場所にとらわれずに仕事を自由に選択し、個人もしくはチームで働く個人事業主のこと

■パソナテック「仲人型クラウドソーシングサービス」概要
内  容: 発注者を対象とした、以下の発注先選定支援サービス。
     ・仲人ダイヤル(サービス開始時期:2014年2月3日(月))
      発注者が、Job-Hubでの発注の仕方からワーカーの選定の仕方について、電話にて
      相談できる問い合わせ窓口
     ・仲人依頼ボタン(サービス開始時期:2014年2月17日(月))
      発注者が、業務に適したワーカーの候補者ピックアップ、並びに選定支援を依頼できるサービス
     ・仲人イベント(第1回:2014年2月26日(水))
      発注者が、業務に適するワーカーと出会い、その場で商談できるリアルなマッチングイベント

     ※「仲人」は、発注者に対して「募集支援」「候補ワーカーのピックアップ支援」
      「発注先選定支援」を行ないます

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング