『ダイエットにも健康にも大注目の食材「チアシード」とは』microdiet.netレポート

PR TIMES / 2014年9月19日 9時39分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『ダイエットにも健康にも大注目の食材「チアシード」とは』を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000448.html




美容やダイエットに良い食べ物として、最近日本での認知度も少しずつ上がってきている「チアシード」というものがあります。
アメリカでは既にかなり注目されており、数多のセレブの中でも、美意識が高く知識も豊富なミランダ・カーも取り入れているようです。

チアシードは「チア」という植物の種で、元々はメキシコを中心とした南米で栽培されてきました。シソ科ミント属で、ごまよりも少し小さい粒です。水に浸すと数時間で10倍程度に膨らみ、ゼリー状になるのが特徴です。古くから高栄養のスタミナ源として重要視されてきました。
このチアシードが今注目されるその理由は、現代人に不足しがちな栄養素が豊富で、様々な健康効果やダイエットに有効だとされているため。

チアシードに含まれる成分で特に注目したいのが、必須脂肪酸です。
必須脂肪酸とは、体内で合成できず食品から摂る必要のある脂肪のこと。チアシードには、この必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」が、非常に豊富に含まれているのです。

オメガ3はアマニ油、さんま、さば、さけ、いわしなどの青魚に特に豊富に含まれることで有名で、いわゆる“体に良い油”と呼ばれる種類の脂肪です。
オメガ3脂肪酸は、体内に入ると「DHA」、「EPA」に変化し、健康効果を発揮します。


【オメガ3脂肪酸の働き】
・ 吸収された中性脂肪やコレステロール値の上昇を抑制する
・ 血液中に溜まった中性脂肪やコレステロール値を下げる
・ 血管をしなやかにして血流を改善する
・ 血小板の凝集を抑える
・ 赤血球を軟らかくして血管を通りやすくする
・ 月経前症候群(PMS)の緩和
・ 免疫力を高める
・ 心や脳の健康を維持

オメガ3脂肪酸の摂取目標量は成人1日あたり1.8~2.4g(厚労省)ですが、チアシードにはたったの10gで1.7gのオメガ3脂肪酸が含まれているので、簡単にこの目標をクリアすることが可能なのです。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『ダイエットにも健康にも大注目の食材「チアシード」とは』をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000448.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング