eBookJapanのiPhone、iPad、Mac版ブックリーダーがePubに対応!! 講談社文芸文庫の名作など、ePub書籍がマルチデバイスで楽しめるようになりました!

PR TIMES / 2013年10月31日 19時19分



 国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、iPhone、iPad、Mac向け電子書籍ビューアのバージョンアップを行い、電子書籍フォーマットの世界的な規格として多くの出版社で採用されているePub(イーパブ)フォーマットに対応いたしました(※1)。これによって、すでに対応済のWindowsPC、Android向けブックリーダーを含め、主要な端末で多くの文芸書・一般書籍の読書が可能となりました。


 eBookJapanでは、2013年9月27日よりePubフォーマットの文芸書・一般書約1100冊の配信を開始しました。純文学・ノンフィクションの巨星として、今なお多くの人々に読み継がれる開高健の全作品(小説全68作品、釣り紀行11作品、ルポ6作品)を網羅した「開高健 電子全集」や、キリスト教の精神に基づき人間の内面に深く踏み込んだ作品を数多く発表した三浦綾子の全単独作品(81作品91点)を集めた「三浦綾子 電子全集」など、注目作品が目白押しとなっています。

 9月27日以降も多くの有力タイトルを追加しており、文芸書では、映画化もされたベストセラー「死神の精度」の続編である「死神の浮力」(著:伊坂幸太郎)、2013年秋の文学界で注目を集めている大江健三郎の最新作「晩年様式集 イン・レイト・スタイル」、ノンフィクションでは、時代をひっかき回し続ける男・孫正義の“正体”に迫った「あんぽん 孫正義伝」(著:佐野眞一)、ビジネス書では、京セラ発展の原動力となったアメーバ経営の手法を考察した「アメーバ経営論―ミニ・プロフィットセンターのメカニズムと導入」(著:三矢裕)、新書では、生物学の入門書としてベストセラーとなった中公新書の「ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学」(著:本川達雄)、ライトノベルでは、人気レーベルである小学館ガガガ文庫より「王子降臨」(著:手代木正太郎/イラスト:mov659)などを配信しています。10月31日現在、ePubフォーマットの文芸書・一般書籍の配信冊数は、約1300冊にのぼります。


 さらに11月以降も、講談社刊の約800タイトルをはじめ、多くのePubフォーマットの書籍を順次配信していく予定です。日本文学の名作を集めた講談社文芸文庫所収の主な配信予定タイトルにつきまして、以下の一覧にまとめましたのでご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング