東急ホテルズ コンフォートメンバーズポイントが、 アンバサダーホテル(台湾)でも付与されることになりました。

PR TIMES / 2014年5月14日 16時50分

株式会社東急ホテルズ(本社:東京都渋谷区)は、2014年5月15日よりアンバサダーホテル(国賓大飯店)【台湾 台北アンバサダーホテル、新竹アンバサダーホテル、高雄アンバサダーホテル】 の利用でも、東急ホテルズ コンフォートメンバーズポイントを付与することにいたしました。


昭和39年2月(1964年)に開業した台北アンバサダーホテル(地上13階、地下1階 客室304室)は、台湾随一のホテルとして開業しました。昭和37年(1962年)に銀座東急ホテル(東銀座)を開業した東急ホテルの業績、施設、サービスが優れていて内外での評価も高かった為、台湾省議会議長(当時) 黄朝琴氏からの要請で、技術・運営・経営など5項目の経営指導の契約を締結(昭和37年9月)。アンバサダーホテルは、その後、新竹 高雄 にホテルが増え、現在も東急ホテルズの加盟ホテルとして提携関係にあり、2月に東急ホテルズ加盟50周年を迎えました。


今後さらなる関係を深めていく目的で、お互いのホテル会員の利用に対して、ポイントを付与することといたしました。

東急ホテルズ コンフォートメンバーズがアンバサダーホテルを利用した場合は、500P(コンフォートメンバーズポイント)。アンバサダーホテル ウェルカムメンバーが東急ホテルズのホテルを利用した場合は、50P(ウェルカムメンバーポイント)。を付与することでお互いのホテル会員の利用促進を図ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング