プロ写真家とのコラボで実現!! とことん水平にこだわった蓄光機能付き水準器 GANREFオリジナル『カメラ用精密水準器 PLV-001』の予約販売を開始

PR TIMES / 2013年12月19日 12時46分



インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土田米一)は、写真SNSサイト『GANREF』においてプロ写真家・杉本利彦氏を監修者として招き、とことん水平にこだわった蓄光機能付きの水準器を開発し、GANREFオリジナル「カメラ用精密水準器 PLV-001」として予約販売を本日開始しました。

GANREFオリジナル カメラ用精密水準器 PLV-001
●サイズ:直径約45mm(幅約45mm、奥行き約45mm)、高さ約30mm
●重さ:約75g
●水準器部:直径37mm 光学ガラス、アルコール
●シャーシ部:アルミ削り出し、アルマイト塗装仕上げ、
一部樹脂使用
●販売価格:2014年1月末まで先行予約価格25,950円
(一般価格 29,800円)
※プレミアムサービス加入者特典クーポン利用時
先行予約価格 23,355円(一般価格 26,820円)
※いずれも税別
●製造元:有限会社パピルス・フォト・プロダクション


■暗いシーンで役立つ蓄光機能付き
蓄光機能により、LEDライトなどでわずかに光を当てるだけで、夜明け前や日没後などの暗闇の中でも水平調整が可能。カメラの電力を使用しないのでバッテリーの節約にも貢献する

<予約受付ページ>
http://ganref.jp/rdi/plv/


ガラス製大口径レンズ採用で0.25度の傾きも計測する高精度を実現

風景写真や建築写真、星景写真など、多くのジャンルでカメラの水平を正確に合わせて撮影することは大切です。建築物が入る写真ではカメラの水平を合わせる操作から撮影が始まり、風景撮影では海などの水平線が入るカットはもとより、高所から雲海を望むようなカットの場合も水平を確認して撮影するのが望ましいと言われています。
そのため、風景や建築物などを撮影する写真家は、必ずと言ってよいほど撮影時にカメラ用水準器を使用しています。また、最近のカメラにはその必要性から、水準器機能を内蔵したものも増えてきています。

一般的な、カメラのホットシューに取り付けるアクリル製の水準器の場合、差し込むだけの機構なので移動中に脱落して紛失するケースがあり、また水準器の気泡の動く範囲が狭いため正確な水平を読み取りにくいという課題がありました。一方、デジタルカメラに内蔵されている電子水準器(加速度センサー)の多くは、計測できる感度が1度程度にとどまり、風景写真で違和感をおぼえる0.5度以下の高精度な水平を出すことが難しいのが実情です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング