ボカロ界の伝説的カリスマKEMU VOXX楽曲、ノベル4部作で登場!

PR TIMES / 2013年9月27日 19時49分

角川書店



小説「六兆年と一夜物語」(角川書店刊)の発売によって、音声合成ソフト「ボーカロイド」で楽曲を制作するクリエイト・ユニット「KEMU VOXX」の超人気楽曲のノベル化プロジェクトが出そろった。
ニコニコ動画で『伝説(100万再生以上)入り』している、「人生リセットボタン」(PHP研究所刊)を皮切りに、「インビジブル」(アスキー・メディアワークス刊)、「イカサマライフゲイム」(PHP研究所刊)が続々登場し話題沸騰中。
なかでも、トリを飾る「六兆年と一夜物語」は、関連楽曲の中でも最大の再生数を誇り、単独楽曲として再生数トリプルミリオン(300万再生)の快挙達成目前のモンスター楽曲。現代を舞台にする他楽曲とは一線を画する小説「六兆年と一夜物語」では、各作品をつなぐキーキャラクター、欠落神様・マキちゃんの謎を紐解く重要なエピソードが描かれる。
ニコニコ動画では、2013年からライトノベルやコミックスでスマッシュヒットとなっている楽曲「カゲロウデイズ」のじんPと並び称される人気と実力を誇る、KEMU VOXX。これまで発表されてきた楽曲は、10代を中心に圧倒的人気をもつ。結成メンバーは、人気ボカロPのkemuを中心に、イラストレーターのhatsuko、動画制作のke-sanβ、エンジニアのスズムの4人。スズムは、小説化・コミック化されている「終焉の栞」の『主犯』であり、ニコニコ動画でも精力的に活動する、今もっとも熱いクリエイターの一人。
今回のノベル化には多彩な作家陣が集まっており、各作品を読了後、ニコニコ動画に公開されているKEMU VOXX後続楽曲を聞くと、さらにユーザーの解釈が広がるという非常にユニークなつくりになっている。キーキャラクターである、欠落神様・マキちゃんに導かれ、読者は“煙に巻かれるように”世界に引き込まれ、ニコニコ動画上で相互に意見を交わすことができる。
「悪ノ娘」に端を発し、10代読者の新たな読書形態を生み出し続けるボカロ・ノベルの、真打ちにして、まさに進化形の登場だ。

「六兆年と一夜物語」特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/sp/201309-01/

原案:KEMU VOXX
著:西本紘奈
イラスト:hatsuko
定価:本体1,000円(税別)
角川書店/単行本: 277ページ

「六兆年と一夜物語」楽曲
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17520775?ref=search_key_video

※アニメイトでは、全4作購入者を対象に、4冊を収納できるKEMUボックスが特典。
http://www.animate-onlineshop.jp/pn/%E3%80%90%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%80%91%E5%85%AD%E5%85%86%E5%B9%B4%E3%81%A8%E4%B8%80%E5%A4%9C%E7%89%A9%E8%AA%9E/pd/1207544/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング