整形外科医に「痛み以外の治療疾患」を伝えた患者77%。内科系医師に「痛みの治療」を伝えた患者63%。

PR TIMES / 2013年9月30日 20時1分

「患者」「整形外科医」「内科的疾患の治療医」の3者間で 必ずしも情報共有がなされていない実態が明らかに~【QLife痛み】痛み治療に関する情報提供についての患者調査を実施~



首・肩・腰・膝の痛みに関して、病院検索やお薬検索などの様々な情報を提供する「QLife痛み」( http://www.qlife.jp/pain/ ) を運営する総合医療メディア会社の株式会社 QLife(キューライフ/本社:東京都千代田区、代表取締役:山内善行)は、「痛みの治療」で整形外科を受診し、NSAIDsの副作用リスクが比較的高い既往を持つ(※)患者を対象に、「痛み治療に関する情報提供について」アンケートを行い、269人から回答を得た。

痛みの薬物治療における第一選択として用いられることの多いNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)。優れた消炎鎮痛効果がある一方で、消化管障害など副作用を起こしやすい薬剤もある。そのため処方時には、「痛みの治療」以外で、他の医師に受療中の疾患・症状がないか、その処方内容は何かなどを確認することが重要である。同時に、副作用の可能性などについて医師・薬剤師からしっかりと説明がなされなければならない。 特に最近ではNSAIDsが市販(第一類医薬品)されるようになり、かつそのネット販売が本格検討されるなど、NSAIDs服薬者のすそ野は広がる傾向にある。 そのため、QLifeでは、患者側・医師側からの情報提供がどの程度されているのか、実態を確認する調査を行った。
※「高血圧」「胃、十二指腸潰瘍」「脂質異常症」「糖尿病」「肝障害」「腎障害」「気管支喘息」「潰瘍性大腸炎」「心房細動」


【結論概要】
今回の調査で、「患者」「整形外科医」「内科的疾患の治療医」の3者間で必ずしも情報共有がなされていない実態が明らかとなった。患者にしてみれば「整形外科での治療」と「内科系での治療」の間に関連性は想像しにくいため、相互作用などに関する周知が今後望まれる。さらに整形外科医師は内科系医師に比べてあまり副作用リスクを説明しないことが明らかになった。

【調査結果概要】
1)整形外科医に、「痛み以外の」治療疾患があることを伝えた患者は77%。内科系医師に、「痛みの治療」をしていることを伝えた患者は63%
特に「整形外科→内科」情報が伝わりにくいのは「腎障害」「気管支喘息」「心房細動」患者で、逆に「内科→整形外科」情報が伝わりにくいのは「腎障害」「気管支喘息」「脂質異常症」の患者であった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング