1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

国内最大のHRイベント 「HRカンファレンス」の パネルセッションに、一橋大学 伊藤邦雄氏と 東京海上ホールディングスCHRO 北澤健一氏とともに登壇決定

PR TIMES / 2021年10月8日 19時45分

~東京海上日動の事例から紐解く、持続的な企業価値向上のための「人的資本経営」とは~

株式会社リンクアンドモチベーション(本社:東京都中央区、代表:小笹芳央、証券コード:2170、以下当社)は、日本の人事部主催「HRカンファレンス2021-秋-」にて、一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤邦雄氏と東京海上ホールディングス株式会社常務執行役員CHRO北澤健一氏とのパネルセッションに登壇いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/6682/287/resize/d6682-287-cd3794143d0171a90b48-0.jpg ]


<セッションの概要>
現在、「人的資本」への注目は非常に高くなっています。海外では、2019年1月に国際標準化機構(ISO)が人事・組織に関する情報開示のガイドライン「ISO30414」を公表し、2020年8月には、米国証券取引委員会(SEC)が上場企業に対して「人的資本の情報開示」の義務化を発表。日本でも2020年9月に「人材版伊藤レポート」が発行されるなど、世界中で取り組みが加速しています。さらに、新型コロナウイルス感染症拡大を契機にビジネスモデルの変革に直面した企業も多い中で、持続的な企業成長に向けて「人的資本」を軸にした経営や自律的な組織創りが求められるものの、多くの企業が何に取り組むべきか悩みを抱えているのが現状です。

今回のセッションでは、当社にて組織人事領域のコンサルティングに長年携わっております取締役川内と、一橋大学CFO教育研究センター長伊藤邦雄氏、東京海上ホールディングス株式会社常務執行役員CHRO北澤健一氏とともに、持続的な企業価値向上のための「人的資本経営」とは何かを紐解いてまいります。

東京海上日動株式会社様には、「お客様に新しい価値を提供し、選ばれ続けるためには、社員一人ひとりの働きがいを高めていくことが必要不可欠である」という考えのもと、社員の働きがい・モチベーションの状態を的確に把握し、実効性のある対策をタイムリーに実行に移すべく、2020年に「モチベーションクラウド」を導入いただきました(注1)。全国で組織変革に向けた取り組みを進められており、「ベストモチベーションカンパニーアワード2021(注2)」の大手企業部門では、第2位を獲得されています。
(注1)事例はこちら
https://www.motivation-cloud.com/case/tokiomarine

(注2)ベストモチベーションカンパニーアワード2021についてはこちら
https://www.lmi.ne.jp/services/bmca/2021/

2014年に座長として「伊藤レポート」を公表した伊藤邦雄氏は、コーポレートガバナンス、無形資産やESGに関する各種の政府委員会やプロジェクトの座長を務められ、2020年9月に経産省の研究会の成果として「人材版伊藤レポート」を公表するなど、企業価値研究の第一人者です。

今回は、それぞれの立場から情報と知見を共有し、人的資本経営の実践、経営戦略にそった業務の遂行や、新しいビジネスモデルへの適応を可能とする「人材マネジメント」について議論します。


<人的資本経営の加速に向けた当社の取り組み>
当社は、企業経営において最も重要なのは「従業員エンゲージメントの向上である」と考えています。組織における従業員エンゲージメント状態を「モチベーションクラウド」を通じて可視化し、その診断結果に応じて、採用・育成・制度・風土といったワンストップの変革サービスを提供することで、あらゆる業種・業態の企業経営における組織・人事課題の解決をサポートしてまいりました。今後は、その結果の「公表」を推進していくことで、従業員エンゲージメント向上に取り組む経営がスタンダードになる世の中をつくっていきます。
引き続き、「従業員エンゲージメント向上」のご支援、イベントへの登壇や事例の公開をはじめ、「従業員エンゲージメント」の拡大・浸透を加速させてまいります。


<イベント概要>
■イベント名・開催日時
HRカンファレンス2021-秋- パネルセッション [L]
2021/11/18(木)17:00~18:00

■登壇者 
一橋大学CFO教育研究センター長
伊藤 邦雄氏
一橋大学教授、同大学院商学研究科長・商学部長、一橋大学副学長を歴任。商学博士。
2014年に座長として「伊藤レポート」を公表し、コーポレートガバナンス、無形資産やESGに関する各種の政府委員会やプロジェクトの座長を務める。2020年9月に経産省の研究会の成果として「人材版伊藤レポート」を公表した。

東京海上ホールディングス株式会社 常務執行役員CHRO
北澤 健一氏
1988年東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)入社。
主に国内保険営業や商品企画に従事した後、人事企画部長として当社の人事関連業務を指揮し、現在はグループ人事総括として、東京海上グループ全体の人事戦略を指揮する。2020年4月より現職。

株式会社リンクアンドモチベーション 取締役
川内 正直
入社後、組織人事領域のコンサルティングに加え、新規拠点立ち上げ、新規事業部門立ち上げを担当。2010年、西日本地域の組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で就任。グループ会社の取締役を経て、2018年、同社の取締役に就任。現在はグループ最大規模である組織変革コンサルティング部門の責任者を務める。

■参加方法
以下サイトよりお申し込みください。
https://jinjibu.jp/hrc/hrcEntry/hrc-21-111601/hrcform/

【リンクアンドモチベーショングループの概要】
・代表取締役会長:小笹 芳央
・資本金:13億8,061万円
・証券コード:2170(東証一部)
・本社:東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー15階
・創業:2000年4月
・事業内容
組織開発ディビジョン(コンサル・クラウド事業、イベント・メディア事業)
個人開発ディビジョン(キャリアスクール事業、学習塾事業)
マッチングディビジョン(海外人材紹介・派遣事業、国内人材紹介・派遣事業)
ベンチャー・インキュベーション

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング