1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【11月は児童虐待防止推進月間】明日葉が、子ども虐待防止の「オレンジリボン運動」支援企業として登録されました

PR TIMES / 2021年11月19日 17時45分

株式会社明日葉(東京都港区、社長執行役員:山下 高明)は、児童虐待防止推進月間の11月、認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが推進する「子ども虐待防止オレンジリボン運動」の支援企業として登録されました。

子育て支援に関わる多様な施設を運営する明日葉は、子どもの人権を守る意識を全社員へ徹底するために、啓発動画の制作などを実施しました。社内でオレンジリボン運動の推進を担う業務推進部商品企画課の竹下さんは、「児童虐待防止について、一人でも多くの方に関心を持っていただきたい」と語りました。




11月は児童虐待防止推進月間

厚生労働省は、家庭や学校、地域等の社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができ
るよう、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動など様々な取り組みを集中的に実施しています。※1

明日葉は児童虐待防止推進月間において、児童虐待問題に対する理解を社会に対してより一層促すため、児童虐待防止全国ネットワークが推進する「子ども虐待防止オレンジリボン運動」に賛同します。

※1 出典:厚生労働省「令和3年度児童虐待防止推進月間について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_21682.html


明日葉のオレンジリボン運動


[画像1: https://prtimes.jp/i/45351/307/resize/d45351-307-3add31b1ab6c676dbaa4-0.jpg ]

オレンジリボン運動とは、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子どもへの虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。
この11月、明日葉はオレンジリボン運動事務局に「子ども虐待防止オレンジリボン支援企業」として登録されました。

学童・児童館、放課後子ども教室、パブリック施設など、子育て支援に関わる多様な施設を運営する明日葉にとって、子どもの人権保護や虐待予防は最重要課題です。そのため、全社員が子どもの人権を守るための意識を持ち、子どもの命を最優先に考えられるようオレンジリボン運動の趣旨を現場に広める取り組みを行いました。


オレンジリボンの意義を伝える動画の制作と発信

明日葉は、全国に260か所ある学童や放課後子ども教室などの現場に向けて、「オレンジリボンとは何か」や運動の起源、その取り組みの意義を伝えるための動画を作成しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/45351/307/resize/d45351-307-7656d12a0debc9d8f122-3.png ]

児童虐待防止推進月間の期間中に、社員全員がオレンジリボンを身に付けることができるように動画では作り方も紹介。本部・現場が一体となって児童虐待予防への意識を高めます。
また、オレンジリボンのほかにパープルリボンも取り入れた「Wリボンプロジェクト」を企画した学童もありました。

パープルリボンとは、内閣府男女共同参画局が同11月に推進する「女性に対する暴力をなくす運動」のシンボルです。学童に訪れる子どもたちと一緒に各色のリボンを手作りしました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/45351/307/resize/d45351-307-8d36c84ff5dd74433f06-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/45351/307/resize/d45351-307-34c9b56aa96708d9d9e3-1.jpg ]



オレンジリボン運動の推進を担当する竹下さんのコメント

「児童虐待防止について、利用されている方や地域の方、そして社員と、一人でも多くの方に興味・関心を持っていただきたく、今回、オレンジリボン運動の支援企業となりました。皆様に信頼され、社会のお役に立てる様、この取り組みを更に展開させていきたいと思います」

明日葉はこれからも子ども一人一人の人格を尊重することを徹底するとともに、新たな社会的価値創造に挑戦する企業グループとして、いきいきとした未来や誰もが安心できる社会の創造に向けて貢献してまいります。


株式会社明日葉について

明日葉では、Make A Smile!を合言葉に、子どもたちと子育て家庭、地域のみんなの笑顔を創り出すお手伝いをさせていただきたいという想いから、学童・子ども教室、児童館、パブリック施設(女性センター、男女平等参画センター、福祉会館、コミュニティセンター等)を運営しております。

子どもや家庭を取り巻く環境が大きく変化する中、子ども自らの「育つ力」と家庭の「育てる力」を社会全体が支援することが必要となっています。子育て支援は働く親の家庭だけではなく、全ての子育て家庭に対して必要とされるものとの視点に立ち、留守家庭児童を対象とする学童保育に留まらず、地域子育て支援に力を入れています。


SDGsの取り組み

ソシオークグループは「社会と共生する樹でありたい」を合言葉に、CSVの推進を重要な経営課題と位置づけ、新たな社会的価値創造に挑戦する企業グループとしていきいきとした未来に向けて貢献してまいります。
グループを取り巻く社会課題から「雇用」「地域・社会」「環境」をSDGsの重点課題として選定しました。

明日葉では、学童児童館事業で「3.すべての人に健康と福祉を」「5.ジェンダー平等を実現しよう」「8.働きがいも経済成長も」「11.住み続けられるまちづくりを」パブリック事業で「4.質の高い教育をみんなに」「5.ジェンダー平等を実現しよう」を重点課題として捉え、取り組んでおります。

【主な取り組み】
学童児童館事業
3.多数の施設運営により多くの子どもたちに良質な学童保育の場を提供し心も体もすこやかな子どもへ
5.働く女性が増え、女性の社会進出が進み社会における男女平等参画の意識醸成
8.多様なバックグラウンドを持つ人材の積極採用、あらゆる分野で男女平等社会が実現
11.子育て中の働く女性がライフステージの変化を問わず働き続けられる環境整備された街づくり

パブリック事業
4・5.男女平等参画センターなどの運営を通じジェンダー平等についての意識醸成


『現場力』向上の取り組み

ソシオークグループは、現場の社員が自ら課題や改善点を見つけ、知恵と工夫によりチームで改善を重ねていく『現場力』の取り組みを推進しております。現場の中にある課題と改善点の取り組みをまとめた報告書の提出枚数は、取り組みを強化したことで年々向上し、2020年は年間で4,000件を超える提出がありました。現場力は自ら考え、自ら実践するナレッジワーカーとしての誇りの醸成や、個人の持続的成長につながるとともに、年に2回、特に素晴らしい取り組みを表彰することで、各現場の意欲向上や組織の活性化にもつながっております。


【株式会社明日葉】

~子どもの明日を育み、今日を支える~
社長執行役員:山下 高明
本社所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町II10F
【事業所】
中部支店(名古屋市)、関西支店(大阪市)、九州支店(福岡市)
大井町事務所(大田区)、神栖事務所(神栖市)、常総事務所(常総市)、堺事務所(堺市)、小田原事務所(小田原市)、文京事務所(文京区)、豊田事務所(豊田市)、広島事務所(広島市)、宇都宮事務所(宇都宮市)、板橋事務所(板橋区)、行橋事務所(行橋市)
設立:1992年10月
事業内容:学童・児童館、パブリック施設の運営
URL: https://ashita-ba.co.jp/


【ソシオークグループ】

商号:ソシオークホールディングス株式会社
~社会と共生する樹でありたい~
代表者:大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町II10F
設立:2013年10月
事業内容:フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ソシオフードサービス株式会社/株式会社クックサービス/株式会社明日葉/株式会社あしたばマインド/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
URL: https://www.socioak.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください