デルタ航空とカナダのウエストジェット、国境をまたぐ共同事業に合意

PR TIMES / 2018年7月23日 12時1分

米国とカナダ間を行き来する旅行者に、より多くの選択肢を提供



【米国アトランタおよびカナダ カルガリー、2018年7月19日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)とウエストジェット(TSX: WJA)は、米国とカナダ間の旅行者に広範な路線網を提供するため、包括的な共同事業(ジョイントベンチャー)の実施に向けた正式契約に署名しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3358/310/resize/d3358-310-929803-0.jpg ]

デルタ航空の最高経営責任者エド・バスティアン(Ed Bastian)は次のように述べています。「デルタ航空の将来はグローバル戦略にあります。ウエストジェットと協業することにより、両エアラインの強みを生かし、米国とカナダの国境を越える重要な市場で力を発揮することができます。両社のネットワークを合わせれば、お客様により多くの渡航地を提供することができるほか、空港での乗りつぎも便利になり、マイレージプログラムの特典も増えます。両社の共同事業が実現すれば、米国とカナダを行き来するお客様に、最高の旅行体験をお届けすることができます。」


ウエストジェットの社長兼CEO、エド・シムズ(Ed Sims)は次のように述べています。「ウエストジェットは、グローバルエアラインになることを目標にまい進しており、今回の共同事業への正式調印は、その戦略の重要なステップと言えます。

デルタ航空のような米国を代表する優良エアラインと協業することにより、より多くの優れた旅の選択肢をお客様に提供できると期待しています。デルタ航空とのこれまでの提携関係を最大限に活かして共同事業を実現することで、米国とカナダ間の旅行市場に競争をもたらせば、結果的にお客様にとってメリットになります。」

今回の共同事業の合意は、既存のコードシェア(共同運航)提携を共同事業へと深めるもので、昨年(2017年)12月に調印した覚書(MOU)に基づくものです。共同事業により、米国とカナダ間の旅行需要の95%をカバーする30都市以上へのアクセスを提供することができ、両社のお客様により多くの旅の選択肢を提供することができるようになります。これにより、市場での競争力も強化されます。


米国とカナダ両国の規制当局からの承認を取得後、デルタ航空とウエストジェットは、コードシェアの拡大、マイレージプログラムの相互利用、米国-カナダ間路線の拡大、ハブ空港での施設の共用、乗り継ぎや預け入れ手荷物のシームレスな取り扱いなどについて様々な施策をともに進めていきます。

デルタ航空はこれまで欧州、中南米、アジア、オーストラリアの航空会社との共同事業を成功させてきた実績があり、今回カナダでの成功を目指します。

グローバル化を進めるウエストジェットは、他社との提携により国際線の路線網を拡大させてきました。航空業界で最も機齢の若い航空機材を保有し、優れた顧客サービスで賞を受賞しています。最近では、トリップアドバイザーからカナダのベストエアラインに選出されたほか、スカイトラックスからは2015年北米のベストLCCに選出されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3358/310/resize/d3358-310-626509-1.jpg ]


*本リリースは7月19日に米国アトランタおよびカナダのカルガリーで発表されたリリースの抄訳です。

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8, 000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2018年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、8年間で7度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも5年連続で選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界57カ国、324都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人超の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。

ウエストジェットについて
ウエストジェット(WestJet)が運航する基幹路線およびウエストジェット・アンコール(WestJet Encore)により運航される地方路線を含め、北米、中南米、カリブ海地域、および欧州の100以上の都市へ向けてフライトを運航しています。提携会社を含め合計20カ国以上の175都市への路線網を有します。 詳しくはホームページをご覧ください。 westjet.com


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング