六甲オルゴールミュージアム 企画展「からくり人形 西洋と日本 ~不思議や魅力~」開催記念 江戸からくり復元師の実演付き講演会を1月11日(日)に開催

PR TIMES / 2014年12月24日 17時44分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営する六甲オルゴールミュージアム(博物館相当施設)では、2015年1月9日(金)から3月18日(水)まで、企画展「からくり人形 西洋と日本 ~不思議や魅力~」を開催します。



ウェブページはこちら → http://www.rokkosan.com/museum/event/20141114_7419/

開催記念イベントとして、1月11日(日)に江戸からくり復元師、峰崎十五(みねさきそうご)を招いての実演を交えた講演会を開催いたします。

■企画展「からくり人形 西洋と日本 ~不思議や魅力~」概要
この企画展では、19世紀後半に西洋で盛んに制作された「自動人形(オートマタ)」と日本で独自に発達した「江戸からくり」を比較しながら、それぞれの歴史や仕組みを紹介します。1日7回行う実演では、出展品が実際に動く様子を見ることができます。合わせて自動人形と江戸からくりに活かされた、それぞれの技術(金属の加工技術、木工技術など)の特徴や文化背景の違いなどをパネルで解説します。

【開催期間】2015年1月9日(金)~3月18日(水) ※休館日:木曜日

【実演時間】
10時30分から16時30分の毎時30分から1日7回
各回約15分間
・毎時00分からは、オルゴールコンサートを実施。
・入館料のみで参加可能。

【出展品例】
・エクリヴァン(自動人形)
・アクロバットをするピエロ(自動人形)
・弓曳童子(ゆみひきどうじ)(江戸からくり)
・茶運人形(ちゃはこびにんぎょう)(江戸からくり)など


■企画展開催記念
江戸からくり復元師を招いての実演付き講演会

企画展開催を記念して、江戸からくり復元師、峰崎十五を招いて、実演つきの講演会を開催します。西洋のからくりと比較しつつ、江戸からくりの特徴や復元時のエピソード等を実演を交えて紹介します。

【開催日】2015年1月11日(日)
【開催時間】10時05分~45分、14時~14時45分
【出演】江戸からくり復元師、峰崎十五

<峰崎十五(みねさきそうご)プロフィール>
1942年 鹿児島県生まれ。
1965年 大阪府警白バイ隊入隊。
1982年 大阪府警を退職。以降、江戸からくりの復元修理に携わる。
1990年 田中久重作「弓曳童子」を修復。
      現代の技術では不可能と言われていた同作品の復元にも成功し、注目を集める。
2005年 同様に復元困難な「連理返り」を復元。
2013年 同じく「人形吹き矢を吹くからくり」(峰崎氏所蔵文献原文ママ)を完成。


<営業概要>
【入館料】大人(中学生以上)1,030円、小人(4歳~小学生)510円
【営業時間】10:00~17:00(16:20受付終了)
【休館日】木曜日
【所在地】〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲オルゴールミュージアム
TEL:078-891-1284/FAX:078-891-0111


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング