エコの輪を広げよう!おひさまこっこプロジェクト 保育園「椎の実子供の家」に自家消費型太陽光発電設備を寄贈

PR TIMES / 2021年2月8日 17時45分

 太陽光発電開発事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役 社長執行役員:木下公貴、本社:大阪市中央区)は、2021年1月23日、東京都三鷹市の保育園「社会福祉法人 楽山会 椎の実子供の家」(理事長:鈴木スミ)に自家消費型太陽光発電設備を寄贈しました。



 当社は、太陽光発電の普及と社会にエコアクションを広めることを目的として、幼稚園・保育園等の教育施設に自家消費型太陽光発電設備(上限10kW)を寄贈する「おひさまこっこプロジェクト」に取り組んでおります。本プロジェクトは2017年より始動し、今回3基目となる発電所の無償設置を行いました。
 本プロジェクトを通じて次世代を担う子供たちが幼少期から再生可能エネルギーを身近に感じ、地球環境問題に対する関心を高めるきっかけとなることを目指して、今後も継続して取り組んでまいります。

▼ おひさまこっこプロジェクト詳細ページ:
https://www.eco-st.co.jp/csr/ohisamacocco/

【保育園「椎の実子供の家」設置概要】

[画像1: https://prtimes.jp/i/12501/314/resize/d12501-314-137513-0.png ]

施設名:社会福祉法人 楽山会 椎の実子供の家
所在地:東京都三鷹市
太陽光発電容量:2.46kW
年間自家消費量(初年度)(※1):約2,926kWh
・年間CO2削減量(※2):約1,694kg-CO2(年間自家消費量から0.579を換算係数として算出)
・年間スギの木植林効果:約121本(スギの木1本当たり約14kg-CO2として算出)
・年間原油削減量:約647リットル (原油1リットル当たり約2.619kg-CO2として算出)
運転開始日:2021年1月23日
(※1) 上記はシミュレーションによる数値のため、実際とは異なる場合があります。
(※2) 換算係数は(株)ラプラス・システムが定めた値を参考にしております。

【おひさまこっこプロジェクトの参加メリット】
 おひさまこっこプロジェクトによる自家消費型太陽光発電設備の導入は、電気代の削減効果といった経済的なメリットだけでなく、地球温暖化防止に貢献するエコアクションとしての役割を果たします。

電気代の削減

屋根に設置した太陽光発電設備によって発電した電気を自家消費するため、購入する電気量の削減に繋がります。


減災

非常時には地域住民に開放し、太陽光発電設備によって発電した電気を提供することができます。


地球温暖化防止

自然エネルギーである太陽光発電を普及することは、間接的に化石燃料の消費量を減らすことに繋がるため、地球温暖化防止に貢献できます。


環境教育

太陽光発電設備の設置をきっかけに、幼児期の段階から自然環境やエネルギーの大切さに関して気づきを与えることができます。

【おひさまこっこプロジェクト 応募方法】
 おひさまこっこプロジェクトの詳細ページにある応募条件をご確認の上、まずはお問合せフォームよりお問合せください。
▼ おひさまこっこプロジェクト詳細ページ:
https://www.eco-st.co.jp/csr/ohisamacocco/
▼ お問合せフォーム:
https://www.eco-st.co.jp/csr/inquiry/


【SDGs × エコスタイル】
 当社では事業活動を通じてSDGsの達成に貢献することを目指しております。永続的に利用できる再生可能エネルギーを普及・促進させることで、次世代のために環境を守る義務と責任を遂行します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12501/314/resize/d12501-314-611804-1.jpg ]

▼ 『SDGs × エコスタイル』
https://www.eco-st.co.jp/csr/ecostyles_sdgs/


【会社概要】
■株式会社エコスタイル  
所在地 大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
東京本部:東京都中央区八丁堀3丁目14番2号 東八重洲シティビル2階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役 社長執行役員 木下 公貴
事業内容 FIT電源開発事業、オンサイト電源開発事業、オフサイト電源開発事業、
PPS電源開発事業、電力小売事業、太陽光発電事業
実績 12,720件・628.6MW(2021年1月末日時点、太陽光発電開発施工実績)
URL https://www.eco-st.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング