『青空文庫POD』 プリント・オンデマンドで「青空文庫」の紙書籍版が販売開始

PR TIMES / 2014年2月27日 12時0分

-アクセシビリティを考慮したポケット版/シニア版/大活字版の3サイズで提供- インプレスR&DのNextPublishingメソッドで実現



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使い、ボランティアで運営されているインターネットの図書館「青空文庫」の紙書籍版(印刷書籍)を『青空文庫POD』のブランドで提供を開始します。
今回の特長は、注文に応じて1冊ずつ印刷・製本できるプリント・オンデマンド(POD)の利点とNextPublishingメソッドの自動組版技術を活用することで、読者のアクセシビリティに配慮した3サイズを同時に発行するという、従来は困難だった出版を実現したことです。第一弾は、著名作家29人の100タイトル(3サイズ、300製品)をセレクト。総合オンラインストア「Amazon.co.jp」(「青空文庫POD」ページ:http://www.amazon.co.jp/aozora)、および三省堂書店オンデマンド(ポケット版は除く)で2月27日より販売が開始されます。
現在、青空文庫には1万2000点以上の作品が登録されていますが、インプレスR&Dではこの方式により、可能な限り全点を紙書籍で提供することを目指します。
なお、『青空文庫POD』の売上の一部は青空文庫に還元されます。

<『青空文庫POD』表紙イメージ: 左からポケット版、シニア版、大活字版>

【アクセシビリティについて】
高齢者や弱視の方などのアクセシビリティを考慮し、下記の3種類の文字サイズと判型でレイアウト(組版)し、書籍化しました。幅広い年代の多くの方に読んでほしいと願っています。
・ポケット版(文字サイズ9ポイント、A6変形判)
・シニア版 (文字サイズ10.5ポイント、四六判)
・大活字版 (文字サイズ22ポイント、B5判)

<版面イメージ:左からポケット版(9pt)、シニア版(10.5pt)、大活字版(22pt)>

【販売ストア】
Amazon.co.jp: http://www.amazon.co.jp/aozora
三省堂書店オンデマンド: http://item.rakuten.co.jp/books-sanseido/c/0000000517/
※三省堂書店オンデマンドではポケット版は販売されません。
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※一般書店では販売しておりません。
※AmazonおよびAmazon.co.jpはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング