1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

株式会社温泉道場と飯能信用金庫が「地域活性化に関する包括連携協定」に基づく人材交流を実施

PR TIMES / 2021年9月15日 18時15分

温泉道場からは飯能信用金庫の3店舗に派遣。信用金庫の内勤事務のほか、営業担当者との取引先訪問など、実際の金融業務を体験します。

株式会社温泉道場(比企郡ときがわ町、代表取締役 山崎寿樹)と飯能信用金庫(飯能市栄町、理事長 松下寿夫)は、2020年6月に締結した「地域活性化に関する包括連携協定」に基づき、人材育成を目的とした人材交流を実施しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34897/348/resize/d34897-348-875ca79088f78e70c023-0.jpg ]

温泉道場は2021年8月23日からおふろcafe utatane(さいたま市北区大成町)、9月8日からO Park OGOSE(入間郡越生町)にて飯能信用金庫職員5名を2週間、研修生(以下「トレーニー」)として受け入れました。また、9月13日からの5日間は、弊社の従業員4名をトレーニーとして飯能信用金庫3店舗(日高支店、越生支店、さいたま支店)に派遣しています。トレーニーは信用金庫の内勤事務のほか、営業担当者との取引先訪問など、実際の金融業務を体験する予定です。このように一般企業の従業員が金融機関の第一線で業務を体験するのは、業界を見渡しても大変珍しい取組みとのことです。

また、相互の人材交流は、自社のサービスや店舗、職場コミュニケーションなどの課題点を見出すきっかけにもなっており、業務改善や組織の活性化など人材育成に留まらない効果も期待できます。引き続き温泉道場と飯能信用金庫は、同協定のもと、地域を牽引するリーダーの輩出や地域を下支えする人材の育成を目的として、相互の人材交流を続けていきたいと考えています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/34897/348/resize/d34897-348-336771b74208988f9a8e-1.jpg ]


■株式会社温泉道場
2011年3月創業。埼玉県を中心に「おふろcafe(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行う。「おふろから文化を発信する」の企業理念の下、業界での新たな価値創造、地域活性化への貢献、人材の育成を目指して活動しています。

本社所在地:埼玉県比企郡ときがわ町玉川3700
代表者:代表取締役 山崎寿樹
設立:2011年3月
URL:: http://onsendojo.com

■飯能信用金庫(はんしん)
本店所在地:埼玉県飯能市栄町24-9
代表者:理事長 松下寿夫
設立:1951年7月
URL: http://www.hanno-shinkin.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング