インドアエンタメ総合誌「オトナファミ」から 『エンタミクス』へ、リネーム(誌名変更)のお知らせ

PR TIMES / 2013年12月19日 14時54分

エンターブレイン ブランドカンパニー

株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニーは、インドアエンターテイメントの月刊情報誌「オトナファミ」について、2014年3月20日発売の5月号より『エンタミクス』へと誌名変更することをお知らせします。
これまで築いてきた"インドアエンタメ総合誌"というコンセプトはそのままに、誌面内容をイメージさせるわかりやすい名称とすることで、エンターテイメント情報に関心をもつ新規読者にアピールし、さらなる読者層の拡大を狙います。



株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤辰男、ブランドカンパニー長:青柳昌行)は、インドアエンターテイメントの月刊情報誌「オトナファミ」について、2014年3月20日発売の5月号より『エンタミクス』へと誌名変更することをお知らせします。

「オトナファミ」は、映画・TVドラマ・コミック・アニメ・ゲーム・ホビー・コンビニグルメ・ファストフードなど、日常生活圏内で楽しめるジャンルを取り扱う、国内唯一のインドアエンタメ総合誌です。
翌年のトレンドを予想する“◯年はコレにハマる!”、ハンバーガーやコンビニスイーツをはじめとする“カジュアルフードランキング”、全国3000店の書店員と選ぶ“NEXTブレイク漫画ランキング”、様々なジャンルのミステリー作品を集めた“ミステリーエンタ大集合”、エンタメ業界人1000名が隠れた名作を選出する“掘り出しエンタランキング”といったランキング企画や大型特集に定評があります。読者層の中心は第2次ベビーブーム世代や団塊ジュニア世代を含む20~40代と幅広く、近年ではOLや主婦といった女性読者も増加し、購読者のほぼ半数が女性となっています。

このたび「オトナファミ」は、これまで築いてきた“インドアエンタメ総合誌”というコンセプトはそのままに、2014年3月20日発売号より、『エンタミクス』へと誌名変更します。誌面内容をイメージさせるわかりやすい名称とすることで、エンターテイメント情報に関心をもつ新規読者にアピールし、さらなる読者層の拡大を狙います。また、今年10月に合併したKADOKAWAの他メディアとも積極的に連携していきます。

誌名の『エンタミクス』とは、“entermix”という、“enter”(エンターテイメント、エンター)と“mix”(ミックス)の2つの言葉からなる造語です。多様なジャンルのエンターテイメントを結合・混合させることで、新たな価値や楽しみ方を提案していき、エンターテイメントの入り口となるような“ハマれるメディア”を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング