組込みシステム向けの最新ソリューションをEmbedded Technology 2013に出展

PR TIMES / 2013年11月18日 11時10分

2013年11月20日(水)~11月22日(金) : パシフィコ横浜(STブース : No.F-36)

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Embedded Technology
2013において、組込みシステム向けの最新ソリューションを出展します。

組込みシステムは、私たちの暮らしの様々な場面で利用されています。昨今、
あらゆる機器がつながる「モノのインターネット(Internet of Things)」や
「クラウド技術」などの急速な成長が見込まれる中、組込みシステムの複雑化
が一段と進んでいます。STは、ネットワーク化・高機能化の要求が高まる
あらゆる組込みシステムに、最適なソリューションを提供していきます。

STブースで紹介する主なソリューション

スマート・アプライアンス

・「モノのインターネット」が注目を集める中、STは、ARM(R) Cortex(TM)-M4
ベースの32bitマイクロコントローラ(以下マイコン)STM32F4をベースに開発さ
れた小型モジュールを用い、各種電子機器にネット接続機能を付加するデモを
行います。イーサネット対応機能と優れた性能を併せ持つ32bitマイコンを搭載
したこの小型モジュールは、生活家電をはじめとする各種機器のネットワーク
接続を簡略化します。

・生活家電の操作性を向上させる新たなユーザ・インタフェースの一つとして、
音声認識機能の搭載が考えられています。STは、STM32F4とMEMSマイクを
搭載した評価ボードを用いて、音声認識のデモを行います。 このデモでは、
人間が評価ボードに向かって定型コマンドを発声すると、マイコンに実装された
人工知能がそれを認識し、コマンドをディスプレイ上に表示します。このソリュ
ーションは、エアコンや照明器具をはじめとする各種生活家電に最適です。

・また、キッチン用電化製品やOA機器をはじめとする電化製品に、Javaベース
のグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)を追加する取り組みも始まってい
ます。ブースでは、GUI機能を電化製品に追加するためのプラットフォーム
STM32Javaを用いて開発されたJavaアプリのデモを実施します。STM32Java
は、リソースが限られた超小型システムにおいても、スマートフォンの様に分か
りやすく、直感的、かつ魅力的なユーザ・インタフェースの搭載を可能にします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング