【ホテル日航プリンセス京都】京都・伏見の日本酒と鉄板焼を楽しむ「月の桂を愛でる夕べ」

PR TIMES / 2012年12月7日 16時59分

個性豊かな京都・伏見の日本酒と鉄板焼のマリアージュを体感する

ホテル日航プリンセス京都(京都市下京区烏丸高辻東入ル、代表取締役社長:篠信治)は、2013年1月18日(金)に、鉄板焼「豊園」において、京都・伏見の蔵元「月の桂 増田徳兵衞商店」(伏見区下鳥羽長田町)の十四代目増田徳兵衞氏を迎え、お話と日本酒、鉄板焼を楽しむ『月の桂を愛でる夕べ』を開催いたします。



1675年創業、京都・伏見で最も古い歴史をもつ増田徳兵衞商店は、季節感と酒の個性を大切にすることをモットーに、農業と醸造(醗酵)によって育まれてきた日本文化そのものである「酒」造りを守り続けています。当日は、こだわりの酒造りを続ける蔵元ならではのエピソードなどを伺います。お話の後は、鉄板焼のコースディナーを召しあがっていただきながら、料理と日本酒のマリアージュについて、増田氏とホテル日航プリンセス京都のソムリエ・藤原剛が語ります。今回は個性ある日本酒と鉄板焼が、どのようにお互い響きあうのかをご体感いただけるまたとない機会です。

当日は、にごり酒の中でも最も贅沢な気品を持つ「京都・祝米 純米大吟醸にごり酒」や、ニューヨークの四ツ星レストランでも採用されている「純米吟醸 柳」、さらに今回特別に蔵出しされる「純米吟醸 柳 30年 古酒」など、特別ディナーに合わせた5種類の日本酒をお楽しみいただきます。

●「月の桂を愛でる夕べ - 十四代目増田徳兵衞氏を迎えて - 」実施要項
日 時:2013年1月18日(金) 19:00~21:00 (受付 18:30~)
場 所:鉄板焼 豊園(2階)
料 金:お一人様 15,000円 (要予約)
※料金にはディナー・日本酒5種・税金・サービス料が含まれております。
お問い合せ・ご予約:鉄板焼 豊園 TEL 075(342)2199(直通)

■月の桂 増田徳兵衞商店について
延宝三年(1675年)創業の造り酒屋。1991年から地元伏見の農家と共同で
京都産酒造好適米「祝」を無農薬栽培で復活させて使用するなど、徹底して地元
京都にこだわった酒造りを展開。発泡性のある「にごり酒」や「古酒」の蔵元として
知られている。
所在地/京都市伏見区下鳥羽長田町135


■ お客様からのお問い合せ
鉄板焼 豊園 TEL: 075(342)2199(直通)

【ホテル日航プリンセス京都について】
京都の中心・四条烏丸に近接し、ビジネスや観光に便利な立地。
客室数216、4つのレストランとバー、宴会場などを併設。
地下鉄四条駅より徒歩5分またはJR京都駅より車で5分とアクセスもよく錦市場や先斗町、祇園も徒歩圏内。

所在地:〒600-8096 京都市下京区烏丸高辻東入
TEL:075-342-2111
FAX:075-342-2410
URL http://www.princess-kyoto.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング