1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

TikTok TOHO Film Festival 2021グランプリは現役大学院生 吉川啓太さん制作の「トラベルノート」が受賞!浜辺美波さん主演の短編映画の制作権を獲得

PR TIMES / 2021年7月13日 10時15分

浜辺美波「縦型の映画に出演することは私自身初めてなので今から撮影が楽しみです」



[画像: https://prtimes.jp/i/30435/447/resize/d30435-447-a22a44806a33460b58fc-0.jpg ]

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と東宝株式会社では、新たなクリエーターを発掘し、映像・映画を共創する事で映画業界を盛り上げる事を目的とした新しい映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2021』を開催しております。

第1回開催となる『TikTok TOHO Film Festival 2021』には5,000以上の応募作品が投稿され、審査の結果10作品のファイナリストノミネート作品が選出されました。また、「#TT映画祭2021」をつけて投稿された応募作品の総再生回数は5億5千万回以上にのぼりました。

7月12日に開催された授賞式の模様はTikTok LIVEで配信され、リアルタイム配信・アーカイブ配信合わせた総視聴数は約7万5千人を記録しました。

映えある初代グランプリは『トラベルノート』を制作した現在大学院生でもある吉川啓太さんが受賞。TikTokの特設サイトで実施した一般投票の結果が反映された観客賞は『日本の一番ヤバい場所』(代表者:佐藤周さん)が受賞。さらに、当初は設定されてはなかったものの最終審査中で審査員の発案から「準グランプリ」が設定され、
準グランプリは『チェイス!!』(代表者:川波大輝さん)が受賞しました。

今後、グランプリを受賞した吉川啓太さんは東宝サポートのもと浜辺美波さんを主演に迎えた新作の短編作品を制作していきます。


グランプリ受賞者吉川啓太さんコメント
「ほんとにびっくりです。TikTokでの映画祭でなにができるか考え、1分間という尺で見てもらわないといけないので、セリフを重視しました。(浜辺美波さんが出演するということに対して)ちょっとよくわからないです笑。いつも撮影に来てもらっているスタッフのみんなに恩返しができたんじゃないかなという気持ちでいっぱいです。(今後も)映画を撮る身として、楽しんでいただける映画を作りたいと思います。」

浜辺美波さんコメント
「(グランプリ受賞作である)『トラベルノート』の監督さんは、作品を拝見した時からお会いしてみたいなと思っていました。彼なら絶対にいい作品になるから大丈夫だなと、人柄的にも安心できる方だという印象があったので、撮影が楽しみです。どんな作品・脚本が上がってくるのか、一歩一歩進んでいくのが楽しみです。」

アンバサダー・北村匠海さんコメント
「誰でも手軽にクリエイティブなことに手を伸ばせる時代に、映画だけでなく何かをクリエイトするということに勇気を持てる映画祭になったと思います。今回の映画祭にはすごくワクワクするものがありました。今の世の中、エンターテインメントが必要なんだと感じています。みんなで一緒に映画の未来、そして映画だけじゃない世の中の未来を作っていけたらと思います。」

■受賞作品
グランプリ:『トラベルノート』 代表者:吉川啓太
https://m.tiktok.com/v/6968002245350706434.html
準グランプリ:『チェイス!!』 代表者:川波大輝
https://m.tiktok.com/v/6967657248986336513.html
観客賞:『日本の一番ヤバい場所』 代表者:佐藤周
https://m.tiktok.com/v/6956382299919355138.html
なお、受賞作品を含めたファイナリスト10作品を紹介している特設サイトはこちら
https://tiktoktohofilmfestival.com

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング