Maxwell Guider Technologyが、先進的なアクティビティ・トラッカーにSTのMEMSセンサを採用

PR TIMES / 2014年4月4日 9時49分

卓越した精度と安定性が、IoT向けの薄型・軽量のモーション検知型アクティビティ・トラッカーを実現

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、コンスーマ・
携帯型機器向けを含むMEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)センサの
トップ・サプライヤ(1)であるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、
以下ST)は、LSM330(6軸慣性モジュール)およびLIS3DSH(3軸加速度センサ)
が、台湾の革新的なウェアラブル・ソリューション企業であるMaxwell Guider Technologyの
低消費電力モーション検知型アクティビティ・トラッカーに採用されたことを
発表しました。

Maxwell Guider Technologyの最高経営責任者(CEO)であるMorgan Yangは、
次の様にコメントしています。「スマート・モバイル機器のユーザにとって、
単純なアクティビティ・トラッキング機能はもはや満足できるものではなく、
大型かつ処理能力の低いウェアラブル機器は市場で受け入れられません。
ユーザは、現在のアクティビティ(水泳、サッカー、ダンス、ヨガ等)を
自動的に識別するスマートなウェアラブル機器を望んでいます。STは、この
コンセプトをセンサに反映させ、ダイナミックかつ選択可能な加速度検出範囲、
安定性、電力効率に関する当社の要件をサポートする唯一のサプライヤです。
そのため、当社は、STの最先端MEMS製品の採用を決定しました。」

STのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 アナログ・MEMS・センサ・
グループ ジェネラル・マネージャであるBenedetto Vignaは、次の様にコメント
しています。「IoT(Internet-of-Things : モノのインターネット)時代の
到来により、ウェアラブル・アプリケーションはますます多様化しています。
Maxwell Guider Technologyのような革新的企業は、さらに小型・薄型で、
高い耐久性、精度および安定性、ならびに低消費電力なセンサを求めています。
STは、全世界で900件以上にのぼるMEMS関連特許を取得および出願している
世界トップクラスのMEMSメーカーとして、その課題に喜んで挑戦します。」

LIS3DSH(3軸加速度センサ)とLSM330(6軸慣性モジュール)には、任意の
モーションを認識するプログラマブル・ブロックであるステート・マシンが
組み込まれています。Maxwell Guider Technologyは、この2製品の採用により、
各種アプリケーション(デジタル・コンスーマ、ヘルスケア、フィットネス、
ゲーム、ペット追跡、ウェアラブル・センシング、屋内外ナビゲーション、
拡張現実、その他位置情報ベースのサービス)向けに、リアルな運動分析機能を
搭載した、超小型かつ高精度な低消費電力アクティビティ・トラッカーを開発
することが可能になりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング