高性能デジタル照明設計を加速させるSTLUX(TM)開発プラットフォームを発表

PR TIMES / 2014年5月21日 9時40分



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STLUX385Aを用いた高性能LED照明設計向けに、デモ・ボード、グラフィカル・コンフィギュレータ、ソフトウェア・ライブラリ、およびコンパイラで構成されたSTLUX(TM)開発環境を発表しました。STLUX385Aは、STの画期的なデジタル制御技法が特徴の新しい照明コントローラ・ファミリの最初の製品です。

STは、ニュルンベルクで開催されるPCIM Europe 2014にSTLUX開発環境を展示する予定です。この開発環境は、STLUX385Aの全機能を搭載したプラグ・アンド・プレイ対応のデモ・ボードと、内蔵SMED(State Machines Event Driven)デジタル・コントローラ(6個)によってプログラマブルなPWM波形を生成する使いやすいエコシステムで構成されています。SMEDは、ハードウェアによる設定が可能な高性能ステート・マシンで、内部・外部イベントにより自動的にトリガされて状態が遷移するため、従来の割り込み駆動型マイクロプロセッサよりも高速な応答が実現できます。さらに、STLUX385Aは、リモート・コントロール用のスマートグリッド・コネクティビティとDALI(1)通信に対応しており、スマート・シティ全体にわたって低消費電力照明の使用を可能にします。

STLUX開発環境の使用により、シリアル・ラインとコンソール経由でSTLUX385Aの制御が可能です。SMEDのグラフィカル・コンフィギュレータは、高効率・高精度な電流制御による質の高い調光等のプログラムが可能で、最小待機時消費電力を提供する革新的なトポロジ設計を簡略化します。また、アプリケーション・サンプルも用意されています。

現在、サンプルのデモボードがSTより入手可能です。詳細ならびにSTLUXエコシステムのリンクについては、http://www.st.com/stlux_development_kit をご覧ください。

注記
STLUX385Aは、応答時間が10nsのSMED (6個)、内部生成および外部の基準電圧を使用できるアナログ・コンパレータ(4個)、8チャネル・シーケンサを備えたADコンバータ(1個)、ネイティブDALI、32KBプログラム用内蔵Flashメモリ(32KB)、シリアル / I2C通信チャネル、および低消費電力STM8(R)マイクロコントローラ(1個)が搭載されています。さらに、STLUX開発環境では、マイコン用に高度に最適化されたコンパイラ、および関連するインサーキット・デバッガ / プログラマも提供されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング