ネクストエンジンが世界最大のECサイト制作プラットフォーム「Shopify」の国内注文との連携を実現!

PR TIMES / 2019年9月19日 4時40分

Hamee(ハミィ)株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、東証一部:証券コード 3134、以下、Hamee)は、2019年9月18日に、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」と、Shopify Inc. の日本法人であるShopify Japan株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表:マーク・ワング 以下:Shopify) が運営するECサイト制作プラットフォーム「Shopify」と連携アプリ「Shopify用 自動連携」の機能を強化し、国内注文との連携を可能にいたしましたので、ここに発表いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/9971/515/resize/d9971-515-763301-0.jpg ]


【機能強化の背景】
「Shopify」は世界175ヵ国で80万以上のアクティブストアが運営されている世界最大のECサイト制作プラットフォームです。2017年には日本国内向けにサービスが開始され、2018年には日本国内にてShopifyを利用したストア運営数が2017年比で100%増を記録したことが発表されるなど、日本国内でも影響力が拡大しております。また、管理画面等の日本語化や、様々な機能を追加できるアプリが2,500種類以上公開されているなど、出店店舗様の利便性も拡充しており、今後も日本国内向けに積極的な投資が予想されます。

従来のネクストエンジンアプリ「Shopify用 自動連携」ではShopifyとの国外注文との連携は可能でしたが、国内注文との連携は対応できていない状況があり、ネクストエンジンご利用者様からも対応を希望する声が多数ございました。

この流れを受けて、「Shopify用 自動連携」に国内注文との連携機能を追加する改修を行うこととなりました。


【機能強化により実現できること】
今回の連携により、「Shopify」にて発生した国内注文をネクストエンジン内に取り込むことで、受注処理や在庫管理等を他モールと一括して行うことが可能となりました。また、在庫数、出荷情報のShopifyへの自動反映を実現し、EC事業者様の処理の負担を軽減することができます。
今後もHameeでは、「ネクストエンジン」によるEC運営の自動化を目指すべく、様々なサービスとの連携強化を推進し、ネットショップを運営する全ての皆様にご利用いただけるプラットフォームを目指してまいります。


【ご利用方法】
「Shopify用 自動連携」を利用する場合、ネクストエンジンにログインの上、サービスURLよりお申し込みいただけます。
サービス名:Shopify用 自動連携
サービスURL: https://base.next-engine.org/apps/479/detail/
※ネクストエンジンのユーザーでない場合は、まずネクストエンジンの契約が必要になります。


【サービス概要】
■ネクストエンジン
・URL: https://next-engine.net/
・現役ネットショップ「Hamee ストラップヤ」運営の現場から生まれたシステム
・受注、発注、仕入、在庫~分析等、ネットショップに必要な機能を集約
・登録店舗数28,814店舗
(2019年7月31日現在 上場企業、楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗等含む)
・必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能
「ネクストエンジン」と連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供

■Shopify
・URL: https://www.shopify.jp/
・国内外に関わらずにオンライン販売を手軽に始められる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォーム
・ウェブ、モバイル、ソーシャルメディア、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルを持つオンラインストアの作成、カスタマイズ、在庫連携、売上管理が可能
・約175ヵ国、80万以上の企業をサポート


【Shopify Japan株式会社概要】
会社名:Shopify Japan株式会社
URL: https://www.shopify.jp/
代表者:マーク・ワング
所在地: 東京都渋谷区神宮前 6-12-18 Iceberg
事業内容:マルチチャネルコマースプラットフォーム


【Hamee(ハミィ)株式会社 概要】
会社名:Hamee株式会社(東証一部 証券コード: 3134 )
URL: https://hamee.co.jp/
設立:1998年5月
代表者:代表取締役社長 樋口 敦⼠
所在地:神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2
事業内容:スマートフォングッズの開発、ネット通販・卸販売・輸出入
ネット通販支援ASP開発運営、 海外通販サイト運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング