【ホテル日航熊本】市町村コラボレーション 観光PR 第8弾 『宇土市』を実施

PR TIMES / 2013年5月13日 10時50分

5月19日(日)11:30~12:30には、宇土城主 小西行長公マスコットキャラクター「うとん行長しゃん」がお迎えします。

ホテル日航熊本(熊本市中央区上通町 社長:田川憲生、総支配人:條秀夫)は、2013年5月13日(月)~6月2日(日)に、市町村コラボレーション観光PR企画 第8弾 「宇土市」を開催いたします。




本企画は、2012年5月より行ってまいりましたが、ホテルロビーに賑わいを持たせるとともに、宿泊客を中心としたゲストに対し、県内の豊かな観光資源をPRし、各地へ足を延ばしていただく契機となればと考えて実施しているものです。これまで県内7市町村(水俣市・阿蘇市・熊本市・人吉市・天草市・山鹿市・山都町)と連携し、各市の観光PRを兼ねたロビー展示・プロモーションを実施いたしました。今回連携する「宇土市」は、安土・桃山時代に小西行長がつくった城下町として栄え、有明海に面した温暖な気候が海と山の幸を育んでいます。期間中は、ホテルロビーでの展示やレストランで宇土市産食材を使った料理をご提供し、よりその魅力を発信いたします。
ホテル日航熊本は、今後も継続して各地の市町村と協働しながら、熊本の中心に位置するホテルとして、情報発信の役割を担っていきたいと考えております。

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
『市町村コラボレーション企画 VOL.8宇土市』
【期間】 2013年5月13日(月)~6月2日(日)
5月19日(日)11:30~12:30には、宇土城主 小西行長公マスコットキャラクター「うとん行長しゃん」がお迎えします。
【内容】 
1.ホテル1Fロビーに宇土市観光イメージを展示
1.粟嶋神社のミニ鳥居(木製)…病気平癒や経済繁栄、特に子宝、婦人病にご利益があるといわれる粟島神社の鳥居を小さなサイズにした鳥居を展示いたします。毎年3月1日から3月3日の春季大祭には県外からも多くの観光客で賑わいますが、この鳥居も実際にくぐれますので是非、この機会にお参りください。
2.蒼土窯(そうどがま)焼き物の銅鐸…独自の技法で自然の草花を表現している蒼土窯の作品で最大のものです。
3.龍神工房のオリジナル硯…高品質の原石にこだわった手作りの大硯です。

2.レストランにて宇土市産の食材を用いた料理の提供 
2階ブラッスリー「セリーナ」ランチブッフェ 11:30~14:30(最終入店)
宇土市の海の幸・山の幸をふんだんに使用した料理をブッフェスタイルでお楽しみください。
(メニュー例) スペイン産ハモンセラーノ(生ハム)と宇土産トマトのパンコントマテ/宇土網田イカの握り/大麦豚のロースト 宇土名産網田ネーブルの香り/宇土産アサリのボンゴレビアンコ/宇土御輿来産マテ貝とアサリ、ネギのパエリア/宇土産御輿来産マテ貝の茶わん蒸し など
料金  大人¥2,200、シニア¥1,900、小学生1,200円、幼児¥800(税金・サービス料込) 
<ご予約・お問い合わせ>
ブラッスリー「セリーナ」  TEL.096-211-1661
営業時間 07:00~10:30/11:30~15:30/17:30~22:30

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … …

【ホテル日航熊本について】
名将加藤清正公が熊本城を築いて以来、独自の文化を育んできた城下町、熊本。「森の都」と称えられたほど名水と美しい緑に彩られたこの街に、ホテル日航熊本は誕生しました。あなたの「満足」や「暮らし」に一番近いホテルでありたい、そんな願いを込めて世界でただひとつの個性と価値を持った“Only One”のホテル。市の中心部、官庁街や熊本城、ショッピング街にも徒歩圏内という絶好のロケーションでありながら、一歩足を踏み入れると街の喧騒から離れたゆっくりと贅沢なひとときをお過ごしいただけます。「木」の持つ温かさをふんだんに寛ぎと安らぎにこだわったロビーには、邸宅でのおもてなしを感じさせる「暖炉」を配し皆様をお出迎えいたします。
○ 所在地:〒860-8536 熊本市中央区上通町2-1
○ 電話:096-211-1111(代表)
○ アクセス:熊本空港よりタクシーで約35分。JR熊本駅からタクシーで約10分。車で熊本ICより約30分。
○ ホームページ http://www.nikko-kumamoto.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング