1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【新潟ビジネス専門学校】医療秘書の最高位「医療秘書技能検定試験1級」に全国最多4名の合格者が誕生(全国合格者6名)

PR TIMES / 2021年7月15日 11時45分

NSGグループの新潟ビジネス専門学校は、この度日本医療秘書全国協議会が主催する、第66回医療秘書技能検定試験1級受験で合格者占有率NO.1の快挙を達成しました。※1



[画像1: https://prtimes.jp/i/32951/541/resize/d32951-541-4ea66eee06aef211550a-0.jpg ]

第66回 医療秘書技能検定試験1級(試験日2021年6月6日)
受験者数 22名 合格者 6名 全国合格率 27.3%
当校合格者数 4名 ※1 <一般社団法人 医療秘書教育全国協議会資料より掲載>
この検定は今年で66回目を迎え、学生のみならず医療従事者や社会人も受験する検定です。

【医療秘書技能検定試験 詳細】
領域I 医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規
領域II 医学知識
領域III 医療事務
※3つの領域の正解の合計が全体で180点以上ある者のうち、それぞれの領域の正解が、60%以上の場合、合格となります。

今年度はコロナ禍の影響もあり、登校とオンラインを組み合わせたハイブリッド授業を実施しました。
ハイブリッド授業により、学生からは「アーカイブで復習できた」「iPadがとても役に立った」との声がありました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32951/541/resize/d32951-541-df76aef2b20a19483ddd-1.jpg ]

当校では、医療事務員としての基礎的知識、能力を養うと共に医療現場で即戦力となる人材を目指しており、毎年この医療秘書技能検定試験の最上級取得を目標に掲げております。学生たちは日々勉学に努め、難関資格を取得するに至りました。1級に関しましては、全国で未だ205名ほどの合格者しかいない難関資格です。そのうち、当校から累計85名の合格者を輩出しております。

コロナ禍で患者数も多くなるなか、医療秘書の役割の一つである「医師を事務面からサポートすること」は今後ますます必要とされると考えております。

■検定直前の学生達の意気込みコメント
「検定に向けて自分の苦手なところや複雑なところなどを授業外でまとたり、プリントや教科書で工夫して勉強しました。合格できるよう諦めずに頑張りたいです。」

「医学用語や薬の名前はルーズリーフに書き出し、壁に貼ってスキマ時間に見て覚えました。通学時間も使って勉強しました。知識豊富な医療事務員になれるよう頑張ります。」

■合格した学生コメント
「電車の移動時間などでプリントやテキストを確認していました。テレビを見ているときに例えば医学だったら関連するものを聞いたらこれはこの疾患に繋がるなど頭の中で想像しながら覚えるようにしました。病院での就職なので、DPCの算定やまた、医学知識ではカルテから英略語を読み取れるようにし、患者様やスタッフの方に信頼される医療事務員として頑張ります。」

「就職した際にはこの検定で学んだ医学知識などを生かし、医師をしっかりとサポートすることができる職員になれるよう努めます。」

「薬剤や医療用語は単語帳のアプリを使い、通学中などに覚えるようにしていました。医療秘書検定はレセプトから秘書実務、マネジメント、医学など幅広い知識を身に付けることができるので、就職して受付だけでなく色んな場面で役に立つと思いますし、自分が頑張ることでNBCの学生の刺激になれば良いなと思います。」

「一生懸命勉強を頑張ったので合格することができて本当に嬉しかったです。勉強の工夫としては、苦手なところや練習問題、過去問で間違えたところをノートに分かりやすくまとめて、いつでも見られるようにして次に活かし、暗記科目は空いた時間でもできるため進んでするようにしました。」

NBC新潟ビジネス専門学校<創立42年の伝統校>
法人名:学校法人 国際総合学園
所在地:新潟市中央区万代1-2-22
学校長名:渡辺 敏彦
URL: https://www.nbc.ac.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング