「マイナビ転職 中途採用状況調査」結果を発表

PR TIMES / 2014年11月27日 11時6分

中途採用市場の過熱が続き、企業の約9割が採用活動の印象を「厳しかった」と回答

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』(http://tenshoku.mynavi.jp)では、全国の企業を対象にした「マイナビ転職 中途採用状況調査」の結果を発表しました。なお、企業向けの中途採用状況調査は、2012年から実施しており、今回が3回目となります。概要は以下の通りです。



【TOPICS】
「人材が不足している」と回答した企業は73.5%で、2012年の調査開始以来2年連続で増加し、企業の中途採用意欲は依然高まっている。全体の約9割の企業は中途採用活動が「厳しかった」と回答しており、応募者の質、母集団の確保、内定辞退などを課題と認識しているようだ。

【調査結果の概要】
■ 人材の過不足感は、「不足している」が73.5%。退職者の穴埋めから、規模拡大のための採用へとシフト
人材の過不足感は、「不足している」という回答が73.5%(前年比0.8pt増)で、前年に引き続き7割を超えた。本調査を開始した2012年以降、「不足している」と回答する企業は毎年増加し、企業の人材不足は年々厳しさが増している状況である。
企業が中途採用を実施した理由(複数回答)を見ると、「退職者の増加」を理由とした採用は前年比1.4pt減の30.0%と2012年以降減少傾向にある一方、「経営状態の好転・既存事業の拡大」(46.1%、前年比2.0pt増)、「組織の存続と強化(活性化)」(43.1%、前年比3.2pt増)、「年齢など人員構成の適正化」(28.8%、前年比1.3pt増)、「新規事業への進出」(17.4%、前年比1.3pt増)は年々増加している。人材の流出による穴埋め型の採用から、規模拡大を目的とした採用へとシフトしていることが分かる。

■ 中途採用の実績は、「前年より増えた」が約半数。採用市場過熱の影響で「前年より減った」も増加傾向
中途入社社員の採用数は「前年より増えた」が47.3%と最も高く、次いで「前年と変わらない」(26.6%)、「前年より減った」(17.6%)の順となった。「前年より増えた」が約半数を占める中、「前年より減った」が前年比3.6pt増と増加傾向である。これは中途採用の市場が年々過熱することで、求める人材の獲得が難しくなっているためだと考えられる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング