神奈川県立逗子高等学校にて行われる「地域の方とつくる表現活動」学習内で、デジタルハリウッドの学生らがストップモーションの授業を実施

PR TIMES / 2013年1月25日 16時36分

神奈川県立逗子高等学校で行われている総合的な学習、<地域の方とつくる表現活動>において、デジタルハリウッド本科・デジタルコミュニケーションアーティスト専攻(以下:DCA)の学生が授業を実施します。
今回行われる表現活動では、逗子高校1年生の生徒達が、9つのテーマから1つを選択し、地域の方と一緒に作品を作り上げます。
その中の1テーマ「ストップアニメーション」を、DCAの学生が担当いたします。




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド] では、神奈川県立逗子高等学校で行われている総合的な学習、<地域の方とつくる表現活動>において、本科・デジタルコミュニケーションアーティスト専攻(以下:DCA)の学生が授業を実施することとなりました。

 今回行われる表現活動では、高校1年生の生徒達が、9つのテーマから1つを選択し、地域の方と一緒に作品を作り上げます。
 その中の1テーマ「ストップアニメーション」を、DCAの学生が担当いたします。

●総合的な学習 <地域の方とつくる表現活動>で行われる9つのテーマ
「点字絵本の製作」、「ストップアニメーション※」、「ヒップホップ」、「飛び出す絵本の製作」、「ヒッポ(多言語体験)」、「写真」、「ゴスペル」、「絵」、「子どもたちと遊ぼう」
*DCA(本科・デジタルコミュニケーションアーティスト専攻)の学生が担当するのは「ストップアニメーション」です。


 デジタルハリウッド(専門スクール)・本科では、授業内でデザインを学ぶだけではなく、学生それぞれが学んでいるデザインを通して、どのように地域に貢献するのかを実際に体感してもらうため、本科カリキュラム内にある「アドバンスドプロダクション」の授業の一環として、昨年に引き続き、今回の地域連携事業に参加させていただくこととなりました。 


<「ストップアニメーション」 授業内容>

第1回[初回]:1月21日(月)15:25~16:15(50分)
<授業内容>
1.グループ分け(1チーム7人 合計5組)
2.自己紹介(アイスブレイクタイム)
3.デジタルハリウッドスクール生の自己紹介
4.ストップアニメーションとは?
5.テーマ発表
「日常ではありえない動きや現象を7人全員で協力して製作する ! !
6.アイデア出し
8.役割決め - 出演/監督/カメラマンetc
※当日の模様はこちらのURLからご覧いただけます。→
http://blog.dhw.co.jp/tokyo/2013/01/post-0bdc.html


第2回 :1月28日(月)15:25~16:15(50分)
<授業内容>
1. 前回の振り返りと企画チェック
2.撮影

第3回 :2月4日(月)15:25~16:15(50分)
1.撮影の続き
2.最終確認


<登壇者>
デジタルコミュニケーションアーティスト専攻 在校生
http://school.dhw.co.jp/course/design/dca/


<今回の取組みについて>
デジタルハリウッド(専門スクール)Facebookページ、デジタルハリウッド東京本校ブログにて活動情報
を更新してまいります。下記URLへアクセスいただきご覧ください。

・ Facebookページ
 http://www.facebook.com/digitalhollywood.school

・ 東京本校ブログ
 http://blog.dhw.co.jp/tokyo/blog.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング