限りなく美しいヴォイスが話題のボーイズ・ヴォーカル・ユニット「リベラ」がクラシック・チャートの上位を独占

PR TIMES / 2012年4月19日 9時18分



イギリスの、限りなく美しいヴォイスが話題のボーイズ・ヴォーカル・ユニット「リベラ」(Libera)。7歳から14歳のロンドンの聖歌隊のメンバーをベースに構成された彼らは、2012年4月13日(金)、14日(土)と東京・渋谷のオーチャードホールを満杯にするコンサートを行い、感動と話題を呼びました。

その、「リベラ」が、今度は、最新クラシック・チャートでトップ3を独占しました。
サウンドスキャン・ジャパンの「週間Classicアルバムヒットチャート200」(2012年4月9日~2012年4月15日)で、3月に発売された『来日記念盤 エンジェル・ヴォイセズ2012』が1位、『生命の奇跡』が2位、『祈り~あなたがいるから』が3位にランクイン。
彼らは、今回の公演に先駆けて4月12日(木)に日本テレビ「スッキリ!!」に出演、その直後から「グーグル検索急上昇ワード」や「アマゾン 音楽のベストセラー」で「リベラ」は急上昇し、来日記念盤も品薄状態となってしまうほど。

このアルバムは、今回の公演にあわせて企画された作品で、昨年NHKドラマ10『マドンナ・ヴェルテ』の主題歌として話題を集めた「生命の奇跡」や、「誓い~ジュピター」「オリノコ・フロウ」など、お馴染みの楽曲が収録されています。
2,000人のファンで満杯となったオーチャードホールでも、代表曲「彼方の光」や「ステイ・ウィズ・ミー」に加え、「生命の奇跡」などを披露。公演後のサイン会で多くの熱狂的なファンに囲まれていました。

【リベラ(Libera)】
英国人プロデューサー、ロバート・プライズマンのサウンド・クオリティとサウス・ロンドン在住の7歳から14歳の少年たちの限りなく美しいヴォイスとが織り成すボーイズ・ヴォーカル・ユニット。
これまでに、NHK土曜ドラマ『氷壁』(彼方の光)、NHK総合ドラマ『ある日、嵐のように』(サルヴァ・メ)、映画『誰も守ってくれない』(あなたがいるから)の主題歌を担当するほか、映画『ハンニバル』、『ヴェニスの商人』のメインテーマ曲、ビョーク、エルトン・ジョン、パヴァロッティなどTOPアーティストのアルバムにも参加。
アメリカでは、ブッシュ大統領の前でケネディセンター名誉賞で歌唱したり、2008年4月20日、ニューヨークのヤンキー・スタジアムで行われたローマ法王ベネディクト16世によるミサに先立つ希望のコンサートでもイギリスからの唯一のゲストとして参加した。リベラのアルバムは、これまで、日本、イギリス、アメリカ、北欧、アジア各国でクラシックチャートのNo.1を獲得している。
2009年9月より、パナソニック「VIERA」のTV-CM曲に「彼方の光」が起用され、話題を呼んだ。2010年5月より開催された上海万博では、大塚製薬の日本産業館ブース出展テーマ曲に起用され、千住明氏との初のコラボレーションにより、「エターナル・ライト」が誕生した。そして、2011年春、村松崇継氏との名コンビにより、NHKドラマ10『マドンナ・ヴェルデ』主題歌「生命の奇跡」を発表している。

■リベラ『エンジェル・ヴォイセズ2012~来日記念盤2012』
2012年03月14日発売
TOCP-71262 2,000円(税込)

1ユビラーテ・デオ
2リベラ
3生命の奇跡(いのちのきせき)
4サンクティッシマ
5サンクトゥス(パッヘルベルのカノン)
6誓い~ジュピター
7エターネル・ライト
8サルヴァ・メ
9いつもあなたのそばにいるから
10エクスルターテ
11オリノコ・フロウ
12グロリア
13生命の泉
14ステイ・ウィズ・ミー
15アヴェ・ヴェルム
16彼方の光
17天使たちの歌

■リベラ 日本公式サイト http://emij.jp/libera/ (PC・携帯)
■EMIミュージック・ジャパン アーティストサイト(試聴可)
http://www.emimusic.jp/artist/libera/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング