「docomo in Car Connect(R)」を活用したオンライン機能で充実のエンタテインメントを提供カロッツェリア『サイバーナビ』を発売

PR TIMES / 2020年10月8日 12時45分

~レコーダーアクセス機能の対応機種メーカーを拡大し、より快適な車室空間を実現~



[画像1: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-501271-0.jpg ]

 パイオニアは、LTE通信を活用して高画質・高音質な映像コンテンツを楽しめるオンデマンド機能対応カーナビゲーション カロッツェリア『サイバーナビ』を発売します。

 本機は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」対応により、付属もしくは別売のネットワークスティック※1を接続して車内にWi-Fiスポットを構築できるほか、本機でYouTube動画を再生するなど、LTE通信を利用したさまざまなサービスを利用できます※2※3。今回新たに、映像・録画コンテンツを車内で遠隔再生できる「レコーダーアクセス」機能の対応機器に、株式会社NTTぷらら(以下、NTTぷらら)とドコモの機器が追加され、さらに幅広いお客様に通信を活用したエンタテインメント機能を提供できるようになりました※3。また、ナビ連動型の2カメラドライブレコーダー「VREC-DS800DC」へも対応し、利便性や安全性も高めています。

 『サイバーナビ』の強みである優れたナビ能力や高い基本性能、高音質はそのままに、LTE通信を活用したオンデマンド機能で車内に新しいエンタテインメントを提案していきます。

カロッツェリア 『サイバーナビ』商品ページ  https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/carnavi/cybernavi/?ad=pr


[表: https://prtimes.jp/data/corp/5670/table/618_1.jpg ]



【主な特長】
1) クルマのオンライン化でさらに便利で充実したカーライフを実現※3 ※4
 ドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応し、付属もしくは別売のネットワークスティックを接続すればドコモのLTE通信を定額で制限なく利用できます。本機を車載用のWi-Fiスポットとして利用できるため、同乗者は通信量を気にすることなくスマートフォンやタブレットなどを使ってインターネットを楽しめます※5。また、「ストリーミングビデオ」機能を使ったオーディオソースとして本機でYouTube動画を再生できるほか、お持ちの「Amazon Fire TV Stick」※6を接続すれば、映画やドラマ、バラエティ、スポーツ、アニメまで幅広いジャンルのコンテンツも楽しめます。
クルマのオンライン化により、エンタテインメントに加え、車の中でPCメールの確認やWeb会議といったテレワークを行えるなど、カーライフの可能性が広がります。
なお、ネットワークスティックセット(-DCモデル)をご購入のお客様は、「docomo in Car Connect」を1年間無料でご利用いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-180345-1.jpg ]

「docomo in Car Connect」について
ドコモが車内向けに提供する通信サービス。ドコモのLTE通信を定額(1日500円、30日1,500円、365日12,000円(各税別)の3つの利用期間から選択可能)で利用でき、車内で動画や音楽、オンラインゲームなどデータ通信量の多いコンテンツでも安心して楽しめます。

詳細については、以下のサイトをご参照ください。
URL: https://docomo-icc.com/icc/

2) 「レコーダーアクセス」機能の対応機器メーカーを追加
 映像・録画コンテンツを車内で手軽に遠隔再生できる「レコーダーアクセス」機能の対応機器に、新たにNTTぷららの「ひかりTV対応チューナー」と、ドコモの「ひかりTV for docomo対応チューナー(ドコモテレビターミナル(R)、ドコモテレビターミナル02)」を追加しました。専用アプリ「DiXiM Play for carrozzeria」※7をインストールしたスマートフォンと自宅のブルーレイレコーダーやチューナー※8をペアリングし、そのスマートフォンを『サイバーナビ』とペアリングすれば、DVDなどにダビングすることなく車内で録画番組のストリーミング再生を楽しめます。また、遠方へ出かけた際に自宅エリアの放送局に加え、BS放送、CS放送の視聴も可能です※9。
[画像3: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-815619-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-652375-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-668595-4.jpg ]




3) ナビ連動2カメラドライブレコーダーに対応
 ドライブレコーダーの機能を画面上で確認できる「ドライブレコーダーリンク」に対応。別売の2カメラタイプのドライブレコーダーユニット「VREC-DS800DC」と接続すれば、前方、後方カメラの映像切り替えはもちろん、前後の録画映像(PinP)を『サイバーナビ』の大画面で同時に再生することも可能です。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-837692-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-641359-6.png ]



4) 『サイバーナビ』ならではの高画質・高音質再生
 ディスプレイに高精細HDパネルを採用し、HD解像度に対応しているため、高解像度なハイビジョン映像を楽しめます。また、ハイレゾ音源の再生に加え、CDや圧縮音源、ネットワーク動画などの映像ソースの音もハイレゾ音源相当にアップグレードする「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載。映像コンテンツの音声クオリティを最大限まで引き上げ、臨場感あふれる音を楽しめます。


[画像8: https://prtimes.jp/i/5670/618/resize/d5670-618-940847-7.jpg ]

5) 「自動地図更新」機能を搭載
 ネットワーク経由※4で最新の道路や施設情報を自動でダウンロードし、地図を更新する「自動地図更新」機能を搭載。日々変化する新しい道路や施設情報を自動でアップデートするため、手間なく常に最新の地図でドライブができます※10。
(追加費用なく自動で最新の道路/地点データ情報に更新できるバージョンアップ最大3 年分付)

◆最新データバージョンアップ1年延長プレゼント
 MapFanスマートメンバーズへ新規入会すると、最新データバージョンアップ期間が、最大3年から4年(2024年10月末まで)に延長されます。
 対象期間:発売~2022年4月30日
 対象機種:サイバーナビ2020年モデル(AVIC-911系)
 詳細URL :  https://shop.mapfan.com/ext/cp/mf20cyber/
 バージョンアップの方法、動作確認機種などの詳細は、カロッツェリアホームページ  https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/でご確認ください。

6) その他
・車のコンソールと一体感のある高品位なフルフラットデザインを採用することで、先進性溢れる操作感と機能美を実現しています。
・地図画面上にドライブに有用な情報やAV情報を表示・操作できる「インフォガジェット」を搭載。ドライブを便利にする情報を瞬時に地図画面上に引き出して操作できます。
・10年以上にわたり培った膨大な渋滞予測データとリアルタイムな走行・交通情報を分析し、ドライバーに最適な情報を提供する「スマートループ渋滞情報」※11や、専用サーバーを経由して幾千ものルートから時間と料金を考慮した最適なルートを導き出す「スーパールート探索」※11に対応しています。
・すぐに行きたい場所やいつか行きたい場所を登録しておけるなど、カーライフのストレスをなくし、ドライブの楽しみ方を広げる多彩な機能を備えたアプリケーション「Map Fanコネクト」※12に対応しています。
・前方風景の画像認識・解析を行い、周囲のさまざまなリスクと状況の変化を検知する「ドライブサポート」機能を搭載したマルチドライブアシストユニット「ND-MA2」(別売)に対応しています。


※1 ネットワークスティックセット(-DCモデル)のみに付属。単品モデルは別売となります。
※2 ネットワークスティックによる通信を行うためには、株式会社NTTドコモが提供する車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」の申し込みが必要です。申し込みにはdアカウント(R)が必要となります。-DCモデルには「docomo in Car Connect」の1年間利用権が付帯しています。
※3  運転者がテレビやオンデマンド機能を使った映像コンテンツを見るときは、必ず安全な場所に車を停止し、サイドブレーキをかけて使用してください。テレビや映像コンテンツは安全のため走行中は表示されません。
※4 「docomo in Car Connect」の使用期限があるネットワークスティック、またはスマートフォンなどのWi-Fiテザリング設定など、通信機器との接続が必要です。
※5 スマートフォンやタブレットなど、最大5台まで接続可能です。
※6 Amazonが販売するメディアストリーミングプレーヤー。テレビのHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめます。YouTube、Facebook、Twitterなどのウェブサイトにもアクセス可能です。
※7 株式会社デジオンとパイオニアが共同開発したリモートアクセスサービス。自宅のブルーレイレコーダーと車載機器をペアリングし、車載機器からブルーレイレコーダーの録画番組やライブチューナーのストリーミング再生が可能です。iOS11.4以上、AndroidOS5.0以上の端末に対応し、無料でお使いいただけます。
※8 対応のブルーレイレコーダー、チューナーは株式会社デジオンのHPをご確認ください。 https://www.digion.com/sites/carrozzeria/
※9 BS放送、CS放送は一部リモート試聴できないチャンネルがあります。
※10 自動地図更新は、通信可能な環境下で自動的に最新のバージョンアップ情報の検出を行い、バージョンアップするかどうかの確認表示を行います(確認は1日1回初回Acc On時)。
※11 スマートループ渋滞情報機能およびスーパールート探索をお使いいただくには、同梱または別売のネットワークスティックもしくは、Wi-Fi、Bluetooth(PANプロファイル)接続に対応するiPhone/スマートフォンなどが必要です。iPhone/スマートフォンでのご利用時はテザリング契約およびテザリング設定が必要です。
※12 各種MapFan連携機能をお使いいただくには、同梱または別売のネットワークスティックもしくは、Wi-Fi、Bluetooth(PANプロファイル)接続に対応するiPhone/スマートフォンなどが必要です。iPhone/スマートフォンでのご利用時は、テザリング契約およびテザリング設定が必要です。アプリケーション「MapFanAssist」(無料:iOS10.0以上、AndroidOS5.0以上の端末に対応)がインストールされたiPhone/スマートフォンが必要です。ご使用には事前にパイオニア ホームページのオーナーズリンクからお客さま登録、商品登録、MapFan会員ID連携登録が必要です。アプリケーション「MapFanAssist」、ウェブサイト「MapFan」はインクリメントP株式会社が運営しています。


*当社は日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した製品にハイレゾロゴを冠して推奨しています。ハイレゾロゴは登録商標です。
*YouTubeはGoogle LLC の登録商標です。
*「Wi-Fi」は、Wi-FiAllianceの商標または登録商標です。
*「docomo in Car Connect」「dアカウント」「ドコモテレビターミナル」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
*デジオン、DigiOn、DiXiMは、株式会社デジオンの登録商標です。
*(C)2019 Amazon.com, Inc. or its affiliates. Amazon、Fire、及びこれらに関連するすべてのロゴは、Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。
*その他に記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング