由紀さおりLP復刻!紙ジャケ全8タイトル初CD化で一挙発売!~70年代の空気香る由紀さおりの美麗写真も話題

PR TIMES / 2012年6月1日 15時35分



ピンク・マルティーニとの共演によるカバー・アルバム『1969』で世界中を席巻している由紀さおり。2012年6月5日からスタートする由紀さおり&ピンク・マルティーニの国内3公演も、チケット発売日に即日完売となっています。

その公演直前の5月30日、由紀さおりのカバー曲を中心とした初期(主に70年代)のアルバム8タイトルを、初CD化、紙ジャケ/デジタル・リマスタリングにて復刻発売されました。

由紀さおりは、これまでに数多くのオリジナル・アルバムをリリースしてきましたが、実は、CD化された作品は唯一ファースト・アルバム『夜明けのスキャット』だけであり、ファンにとっても待望のCD化が実現したことになります。

特に『フランシス・レイを歌う』や『宇崎竜童を歌う』といったアルバムは、『1969』と同様に、尖鋭的なテイストがありつつも普遍性が高いという、音楽の懐の深さを感じさせてくれる、素晴らしい作品群。また、一連のアルバム・ジャケットは、70年代の空気が色濃く香る、麗しい由紀さおりの写真の数々であり、その音楽性の高さのみならず、ピンク・マルティーニのトーマス・ローダーデールがそうであったように、思わずジャケ買いしてしまう魅力にも溢れています。

【由紀さおりのコメント】
ピンク・マルティーニと一緒に制作した『1969』を日本だけでなく世界中の多くの皆さまにお聴きいただき、たいへん光栄に思っています。
6月のコンサートチケットも完売したと聞きました。
うれしくもあり、たいへんなプレッシャーでもありますが本番まで精進を重ね 最高のステージをご提供できるよう努力して参ります。
また、5月30日に私がデビューした1969年から70年代に制作したアルバムを初めてCDで発売することになりました。
これまでもファンの方からCDでの発売をリクエストいただいていた作品ですのでようやく発売を決めることが出来てうれしく思います。
私自身改めて聴いてみて 懐かしくもあり、新たな発見もあるアルバム達です。
『1969』とは違った60年代から70年代の名曲をお楽しみください。

●『フランシス・レイを歌う』のリイシューに伴い、フランシス・レイから届いたコメント
IT IS A GREAT PLEASURE TO HEAR MY MUSIC SUNG BY SUCH A LOVELY VOICE CONGRATULATIONS AND THANK YOU
DEAR SAORI YUKI,
FRANCIS LAI

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング